グレーの乙女たちに捧ぐ

投稿日:2017/07/08 01:00:50 | 文字数:369文字 | 閲覧数:266 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

満員電車は嫌い
ひとがひとじゃなくなるから
息をするだけのかたまり
迫ってくる斜線

ためいき三度
サブウェイから光萌ゆ、ああ
無機物の隨
響くつわものどものヒール

機械よ、わたしの望まないことはしないで!

とーきょーの海に捨てて
いらない数と効果音
魚のごはんにもならない
波に紛れてさよ・なら

最終電車で帰宅
わたしもうひとじゃないのよ
息もたえだえのかたまり
待ち焦がれる破線

ためいきばかりついて
サンデーには灯り焚く、ああ
有機物の交わり
よわむしたちは悪玉

わたしの望まないことはしないでってば!

とーきょーの海に捨てて
きけない口と導火線
帰りの道もわからない
夜に紛れてさよ・なら

とーきょーの海に捨てて
いらない数と効果音
魚のごはんにもならない
波に紛れてさよ・なら

さよ・なら
さよ・なら
さよ・なら

cat nap の詞とねこぜを担っています。
ここに載せているものに曲をつけていただける際は、事前にお知らせください。(すでに曲がついている場合があります。)
ついったー@kirin_no_tom

もっと見る

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

もっと見る

▲TOP