現代怪談百物語 部屋割りと夕食と探索と恋愛フラグ発生?その1

投稿者: usericon湯島結代さん

投稿日:2013/11/10 19:06:23 | 文字数:3,111文字 | 閲覧数:225 | カテゴリ:小説 | 全2バージョン

ライセンス:

女性メンバーのターン。

続きは前のバージョンにて。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

質問タイムを終えたメンバーは、夕食までの自由時間、それぞれ決めた班ごとに分かれてそれぞれの部屋へ向かった。

C班 メンバー 2番 7番 9番 11番 20番

部屋は至ってシンプルな作り。本棚、机、タンス、2段ベッドが2つに布団が1つ。

「はわー、綺麗なお部屋ですね(*´∀`*)」

「私なんかにはもったいないわ・・・」

「ギターがあるぜ!」

「・・・黙れ糞ビッチ」

「まっ!Σ(゜д゜lll)女の子がそんな言葉遣いしちゃダメですよ!(`・ω・´)」

「はあー」

7番は深い溜息をつく。

「ご、ごめんなさい!・゜・(ノД`)・゜・」

「元気がいいわね・・・」

そう呟きつつ、7番は11番のもとへ。

「(=-ω-)zzZZ乙乙」

「ちょっと起きて」

「ほえ?(´・ω・`)」

「はいこれ」

11番に渡したのは何かの薬。

「あー、ありがとですー(*´∀`*)」

「使わないとは思うけど、一応ね」

「ナスさんですからわかるのですね。すごいで・・・(=-ω-)zzZZ乙乙」

「ナースよ。ま、ゆっくりおやすみ」

7番は11番を、2段ベッドの左下に寝かす。

「そういや寝る場所決めるんだったな。あたいが決めるぜ!」

「わ、わかりました!((((;゜Д゜))))」

「・・・好きにすればいいわ」

「勝手にしろブース」

『9番左上 11番左下 真ん中20番 7番右上 2番右下』





そしてD班の3番 13番 14番 16番 19番と言うと・・・。

「ぬいぐるみさんいっぱい入れるのー!(ノ*´∀`*)ノ」

3番はぬいぐるみをタンスに詰め込む・・・というか部屋の模様替えをして、あっという間にロリータ系の部屋になった。

「落ち着かないわね・・・」

「まあまあ、ええやないですの」

「そうそう、可愛いじゃないの!( *´艸`)」

「にゃはー!ヾ(*´∀`)ノ」

まるで女子会のようだ。

「寝る場所・・・勝手に決めちゃっていいかしら?」

「あ、私は左上がいいわ(`・ω・´)」

「うちはどこでも」

「ぬいぐるみさんと一緒ならどこでもー」

「にゃーはにゃーにゃー!(」・ω・)」」

「よ、よくわからないけど・・・」


『14番左上 16番左下 19番真ん中 3番右上 13番右下』

夕食の時間、メンバーは食堂に集められた。

「うっは!すっげえ!(# ゜∀゜)」

第一声は10番だ。

「ごはーん!ヽ(*´∀`)ノ」

「飯飯!」

4番と20番は食事にまっしぐら。

「もう食べてるし( ゜д゜)
ま、いいや(`・ω・´)」

そこにテンとリンが現れた。

「はいはーい(ノ´∀`*)
寝場所を書いた紙はテンちゃんに渡して、そしてこちらにチュウモーク!(`・ω・´)」

「なんか暗いわねここ・・ふふっ、まるで私にピッタリ」

「暗いの怖い(´;ω;`)」

「ふむふっむっむっふ!ヽ(゜∀゜)ノ」

「にゃーちゃんも一緒にパクパクなのー(*´∀`*)」

語り手たちは自由に喋る。

「何この無法地帯(´・ω・`)」

リンは少し落ち込む。

「まあまあ(つ´∀`)つ
さーて注目! 」


「「3、2、1、ドーン!((☆´∇)从(∇`★))」」

リンとテンの掛け声により、食堂のロウソクがゆらゆら揺らめく。


「・・・綺麗ね」

「本当に私と合ってる感じがしていいわね( *`ω´)」

「しかし、何か変じゃないか?」

「確かに・・・何か違和感があるわね」

そう言ったのは1番と19番。

「「ふっふー(*´∀`)よくぞ気づきました(`・ω・´)
食堂の壁は全面スクリーンになっていて、ロウソクは全て映像、しかもLEDなんとかで省エネ!((☆´∇)从(∇`★))
これぞまさに現代怪談にふさわしいロウソク(*´∀`*)」」

「あら、見てくださいよ15番さん。抹茶プリンっていうものがありますえ」

「なん・・・だと・・・( ゜д゜)」

15番と16番はプリン談義をしている。

「ヒャッフー!(゜∀゜ )三 三( ゜∀゜)」

「わーい!(゜∀゜ )三 三( ゜∀゜)」

10番と4番は必死にシャカシャカするチキンを振っている。

「オームライスー(*´∀`*)」

「ムニムニー( ゜∀゜)」

13番と18番はオムライスに夢中。

「無法地帯part2(´・ω・`)」

「リンー、落ち込まないでー(;´Д`)」

「俺は話を聞く気があるぞ」

「・・・私も」

「あ、同じく」

「おっちゃんもねー」

そういったのは、1番、6番、7番、19番だ。

「あれ、語り手メンバー人数少なくない?(゜Д゜≡゜Д゜)」

「女性班はテンちゃんに変わって私が聴く!(`・ω・´)」

リンが割り込んできた。

「2番、9番、11番は部屋で食事をするそうよ。11番はともかく、2番は9番が心配で付き添ってるって感じね」

「えっと、D班は一応全員出席しているわ。3番と13番は会話だけ聞いているとどっちがどっちかわからなくなるけど・・」

「ふむふむ((φ(・д・。)了解!( *`ω´)」

そして女性班の確認が終わり、元の話題へ。

「質問なんだが、消す時はどうするんだ?」

「音声認識なんとかかんとかで、語り手一人が語り終えた時にフッと自動消灯!(`・ω・´)」

1番の質問にテンが答える。

「多分このロウソクの明かりが食堂の明かりなのよね?じゃあ、話が終わったら真っ暗に?」

「非常灯があるので大丈夫!(`・ω・´)」

19番の質問にリンが答える。

「あとおっちゃんも質問なんだけど・・・」





一方C班メンバーは・・・。


「何か食べたいものはありますか?私、なんでも持ってきますよ!(`・ω・´)」

「・・・ドーナッツ」

「んなっ!(;゜Д゜)今は夕食なのでちゃんとしたものを言ってください!(`・ω・´)」

「・・・使えねえクズが( -д-) 」

「ごめんなさい!・゜・(ノД`)・゜・」





そして夕食タイム中のメンバーは。

「よーし、ここらで一曲歌います、てか歌ってやるぜ!」

「俺も!ヽ(*´∀`)ノ」

10番と20番はノリノリだ。ノリノリを通り越して若干暴れている。
そんな2人を遠くから見つめる2人。1番と7番だ。

「・・・うちの子が迷惑かけます・・・的な?」

「・・・いえいえ、お気になさらず」

「よければあとでメンバー収集頼みます、お母さん」

「はいはい、旦那様」

「ははっ」

「ふふふ・・・」

そんな仲がよさげな2人を見るリン&テン。

「おやおやー、恋愛フラグたっちゃった?(・∀・)」

「テンちゃん、女性目線で見ると、なんだか7番は恋する乙女よ(・∀・)」

「「ラブラブキタ━(゜∀゜)━!」」

「誰がラブラブよ」

「なんかキター!∑(゜ω゜ノ)ノ」

「落ち着いてリン!7番さんだよ(;´Д`)」

いつの間にか2人の後ろに立ち、ジト目で2人を見下す7番。

「別に恋愛していたわけじゃないわ。大人の冗談ってやつよ。そもそも私が恋愛なんてできるわけ・・・」

「長くなるパターンと見たので僕離脱!ε≡≡ヘ( ´Д`)ノ」

「あ、テンちゃんずるい!(・A・)」

残されたリンと7番。

「あなたは・・・私の話、付き合ってくれるわよね?それとも、こんな女の話は聞きたくないかしら?」

「いや、聞きます!聞きまくります!(;´∀`)」

その名前のとおり数年単位かけて現代怪談百物語・・・つまり100曲制作しちゃおうってコラボです!
(現在ゆるりと進行中)
こんなまったりゆったり企画に参加してくださる気長な方募集中です。

原案 楓

★募集詳細
「現代怪談百物語 序章と募集役職について」http://piapro.jp/t/yxtU

-----+*動画化企画中*+-------------

http://piapro.jp/collabo/?view=bbs_thread&bbs_thread_id=59682&id=22029

-------------------------------

★設定
「現代怪談百物語 キャラ設定表」http://piapro.jp/t/NOSr
「質問タイム」http://piapro.jp/t/XUfj
⇒キャラ原案
http://piapro.jp/t/GT4n
↓絵リンク
http://piapro.jp/content_list/?view=image&tag=%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%83%BC%E5%8E%9F%E6%A1%88
「現代怪談百物語 わかりにくい要点やルールまとめ」http://piapro.jp/t/H6hP

★小説
~楓作
「部屋割りと夕食と探索とアホの子大暴走」http://piapro.jp/t/s07e
「部屋割りと夕食と探索と恋愛フラグ発生?」http://piapro.jp/t/Chx_
「現代怪談百物語 新ルールと崩壊その1」http://piapro.jp/t/zKai

「少女と猫のお話」http://piapro.jp/t/LCuA


★応募作品
「秋風と病」http://piapro.jp/t/xrgz
「噂の殺人鬼(仮)」http://piapro.jp/t/hfdy
「楓はやっぱり剥離する」http://piapro.jp/t/nnIL

※他、応募作品↓
http://piapro.jp/content_list/?view=text&tag=%E7%8F%BE%E4%BB%A3%E6%80%AA%E8%AB%87%E7%99%BE%E7%89%A9%E8%AA%9E%E5%BF%9C%E5%8B%9F%E4%BD%9C%E5%93%81


★参加作品
・第一話 シガイチ http://piapro.jp/t/gawx
・第二話 俺の彼女は色白美人! http://piapro.jp/t/jXIO
・第三話 ハヤメサキ http://piapro.jp/t/Ejs8


★掲示板ショートカット
・自己紹介
http://piapro.jp/collabo/?view=bbs_thread&bbs_thread_id=50464&id=22029
・質問・要望
http://piapro.jp/collabo/?view=bbs_thread&bbs_thread_id=50466&id=22029
・キャラクターについて
http://piapro.jp/collabo/?view=bbs_index&id=22029#t50580

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP