白ノ娘 ―1―

投稿日:2010/02/06 11:41:04 | 文字数:1,534文字 | 閲覧数:1,367 | カテゴリ:小説

ライセンス:

曲を聴いて「小説書きてぇ!」という衝動に駆られたので、そのままの「テンションのまま書き殴りやがりましたよ。
……ごめんなさい。色々とごめんなさいorz

た……タグが……とんでもなく増えてるぅぅ!
タグの先生ネタに思いっきり吹いてしまいましたw
タグが増えてありがたいです。ありがとうございます!

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

「生きていてごめんなさい」

いつからだっただろう。こんな気持ちが湧いてきたのは。
いつからだっただろう。こんな弱音ばかり吐く自分が大嫌いだと思い始めたのは。つまらない人生だと思い始めたのは。
ああ……こんな私が生きていて、ごめんなさい。

「あの子、魔女なんじゃないの?」
「顔は若いのに白い髪なんて……」
「見て見て、あの子の髪白よ」

クスクス。
私をみて馬鹿にする人達の、私を下に見ているような笑い声が何処からも漏れ聞こえる。
何処へ行っても、私の居心地のいい場所はもうないのか。
私は胸の前でギュッと拳をつくった。
村の人は全員、緑の髪。仲間はずれの私は、人と違う白い髪。
ああ、何故私は白い髪なのでしょうか。何故髪色だけで判断されねばならないのでしょうか。何故こんなにも馬鹿にされなければいけないのでしょうか。
何故……私がこの世に生まれ落ちてしまったのでしょうか。

私は早くこの居心地の悪い場所から抜け出したくて、早足で歩く。どちらにしろ噂は耳に刺さるぐらいに聞こえてくるのだけど。
そして行き着く先は、やっぱり……
森の奥で密かにそびえ立つ千年樹の所。いつも嫌な事があれば来ている。村の中では最年長の樹齢を誇ることから、千年樹と呼ばれている。
私は息を整えて、地面にへたり込んだ。そして顔の前で指を組み、心の中で神への願いをかける。
(孤独に生き続けること…それはとても寂しい。
誰でもいいから私の、

友達になってほしい)



いつもと同じ一日が始まる。
昨日と同じ、馬鹿にされてまだ心の中で弱音を吐く。自分が嫌いだと。
でも「今日は」「昨日と」違う事を知らされるのは、いつもと同じ様に千年樹へと向かった時の事だった。
「……?」
異変に気付いて私は立ち止まった。
千年樹の木の下に、一人の女性が倒れこんでいる。別に病気というわけでもなく、ただ眠っているだけのようだ。
空模様が怪しい事に気がついた。彼女をここで眠らせておけば、風邪をひいてしまう……。
私は一瞬躊躇った。だって、また馬鹿にされるかもしれないと思ったから。
でも、私の中の何かが「彼女を助けろ」と命じていて。私はそっと座り込み、彼女を揺らした。
「あの……風邪ひきますよ?」
暫く揺らしていると、彼女が「ん……」と呻き、瞳を開けた。私は安堵の溜息を漏らした。
良く見てみれば彼女の髪は今まで見たことが無いくらい綺麗な青緑だった。それは長く踝辺りまで有る。それを二つに分けて纏めていた。それは瞳も。透けるようにに白い肌、と言っても病的ではなく健康的な白と言った所か。端整な顔立ち、華奢ながら女性らしい柔らかみも感じさせる体系。私は一瞬夢を見ているんじゃないかと錯覚した。

暫くすると、彼女が「ごめんなさい!」と唐突に謝ってきた。私はきょとんとする。彼女は申し訳なさそうに私を見て、服が汚れる事も気にせずに私ノ目線までしゃがみ込んで、謝罪の言葉を述べる。
「ここ、いつもは貴方の場所だったんですよね。なのにすみません…」
彼女はしゅんとしている。私は慌てて顔の前で両手を振った。
「いえ、いいんです。誰の物と決まっているわけじゃありませんし……」
私がそういうと、彼女はパアッと顔を輝かせた。そして私の手をギュッと握って、笑顔で言って来た。
「私、ミクっていいます。歌唄いをやっていて……貴方は?」
「私?私は…ハクっていいます」
多分、彼女は皆に愛されているのだろうと思った。誰でも分け隔てなく接していられそうだ。

いつのまにか私と彼女は仲良くなった。暇があれば千年樹の木の下に集まって、彼女の歌を聴いたり、お菓子を持ち寄ったりもした。

だけど、私と彼女は何もかもが違った。

まだまだ未熟な文才だけれど、頑張って小説書いてます。

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

もっと見る

▲TOP