生首ころん

投稿日:2020/07/11 01:03:01 | 文字数:192文字 | 閲覧数:25 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

夜の帰り道 街灯の下で
なぐりあい 血を流す小人が二人
そこへ黒猫 ひらりと飛びかかり
小人を咥えて 闇へときえる
あとには 血だまりのなか
ちぎれた小人の生首ころん

日曜日の公園 滑り台のうえで
掴み合い 血まみれの小人が二人
そこへ鴉が ふわりと舞い降りて
小人を咥えて 飛び去って行く
すると 足元に 
空から小人の生首ぽとん

わかったことが一つある
小人はどうやら首が弱い

(プロフィールはありません)

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 生首ころん

    by かたぶとりさん

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP