妄想Aschenputtel

投稿日:2009/11/16 02:58:31 | 文字数:575文字 | 閲覧数:49 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

行き過ぎた妄想から、いないはずのシンデレラになってしまった少女のお話。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

A)
死にたいなんて思いも
苦しいなんて思いも
全部全部忘れてしまえば
生きていける気がした

B)
母の墓の隣にある
ハシバミの木に 白い小鳥
ある日小鳥がくれたのは
美しいドレスと銀の靴

サビ)
お城で開かれる舞踏会
私なんかがいていいのですか?
踊りなんて踊れませんよ
だから私はその腕の中で
アナタに踊らされるだけ

A)
生きたいなんて気持ちも
楽しいなんて感情も
全部全部忘れたくない
あんな幸せな出来事を

B)
母の墓の隣にある
ハシバミの木に 白い小鳥
今日もまた小鳥がくれた
美しいドレスと金の靴

サビ)
今宵も開かれる舞踏会
私はここにいていいのですね?
踊りも少し覚えました
だから私をその腕の中に
離さないでいてほしい

(終わりを告げる鐘が鳴る)
(姿を消したシンデレラ)
(残されたのは 金の靴)
(連れ子の姉は足を切り)
(無理やり靴を履きました)
(王子はそれを見破って)
(姉の首を落としました)

(馬鹿ね姉さん 本当に)
(アナタが履けるわけないでしょう?)
(だってこれは この靴は……)

サビ2)
最後に残ったシンデレラ
アナタはこの靴を履けますか?
小鳥がくれた金の靴
私には履けるはずなのに
なんで 履くことが できないの?
なんで 刃を 振り上げるの
待ってください王子様
やめてください王子様

再始動しようかと。
ゲームシナリオライターになりました!

もっと見る

作品へのコメント2

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    >うーびさん
    いえ! 全然全くそんなことはないです! はい!
    全くまとまってないし、安定感なんてこれっぽっちも! はい!
    でも、褒めていただきありがとうございますw 

    2009/11/17 04:17:46 From  ふおん

  • userIcon

    ご意見・感想

    言葉の運び方と言いますか、それぞれの節ごとにしっかりとまとまっていますよね。すごく安定感があります。私も少しは見習いたいものです。

    2009/11/16 12:16:18 From  ゆるいち

オススメ作品10/27

もっと見る

▲TOP