回路樹の原理

投稿日:2019/04/17 00:17:57 | 文字数:566文字 | 閲覧数:69 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

造語のオンパレードです。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

a
再び降る雨に抱いて
気付かぬ程の枷を外し
産声は空を切り裂く夢

辿ろう人の心が
導く縄を腰に巻いて
いつしかの未来に目を見張る

生粋シリウスの示す
遠く天へと昇る路地裏
振り向けば眩い過去がある

美麗の歌声は届く
築いたのは数多の回路
麗しく生の賛美を敷く


s
掲げよ今喝采の
今日までの進化を
低迷のヘイトを胸に閉めて
ノスト・ルミセレイ・ドルト
隠せよ今時満ちて
明日までの休暇を
錦繍のあなたへと尊く
ノスト・ルミセレイ・ドルト


a
歌い手空を見据えて
出来の悪い送迎をした
慕われた屁理屈のない歌

幻満開に咲いて
あの日の記憶は種をまく
温もりに甘えて手を伸ばす


s
囲うよ今沈黙の
今日までの軌跡を
讃えてはあなたと触れ合う
ノスト・ルミセレイ・ドルト
敬礼は今秘を帯びて
悲しみの礼装
喜怒哀楽はやがて立ち上る
ノスト・ルミセレイ・ドルト


ls
回せよ今夢を見て
回路樹の原理を
瞑想の果て波を沈めては
ノスト・ルミセレイ・ドルト
奮えよ今木々を靡かせ
枯葉に宿らせた
霊魂を託す人の身を
ノスト・ルミセレイ・ドルト

掲げよ今喝采の
今日までの進化を
低迷のヘイトを胸に閉めて
ノスト・ルミセレイ・ドルト
隠せよ今時満ちて
明日までの休暇を
錦繍のあなたは今尊く
ノスト・ルミセレイ・ドルト

作詞をします。稚拙な詩を書きますがどうかよろしくお願いします。歌詞の解説などは小っ恥ずかしいので基本しません。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP