とりあえず

投稿日:2014/11/10 17:42:07 | 文字数:651文字 | 閲覧数:69 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

IAオリジナル楽曲「とりあえず」の歌詞です

http://www.nicovideo.jp/watch/sm23047332

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

とりあえず形成された宇宙と
とりあえず出来てしまった地球に
とりあえず作られてしまった社会で
とりあえず生まれてしまった僕が足掻くだけのストーリー

いつまでこの体支える
臓器と脳が機能していてくれるかなんて
浸れるだけ浸る冥府行きの片道切符の
揺れる電車の中で夢を落としてさ

絶えず続く不幸福連鎖の
袋小路に閉じ込められているんだ
誰かが誰かの幸せを
奪い上げて撒き散らして
毀れた命が消えていくよ

とりあえず世界平和を願うだけ
血を流してきた人々の願い
何も変えられないと嘆いたって
明日は無理矢理僕の背中を
押しては変わらずにやってくる

いっそ誰かに頼ってみれば
何か変わるかなんて思うのも
独りよがりでアイデンティティを
確立しようとしている
そんな事もうとっくにばれて
しまってんだろな

孤独という弱さの塊が
屑になり土に埋まるその最中
雨に濡れた小さな心が
蝋と共に溶けていく
冷めて固まったものは不信感だけ

嘘だけで塗固められた
人の心はまさに悪だった
幸せの限界が裏切りならば
信じることができるものは
自分しか居ないって事なんだ

悔しくて生まれたことさえも
後悔してしまう時がある
何のため死んでいくのかすら
考えても答えさえ出ずに

地球という卵に生まれて
地球という殻の中で育ち
地球という暗い檻の中で
人は孤独に生き孤独に
死んでゆく

ただ広いだけの世界だけど
僕を包むには十分すぎて
流し続けた涙を糧に
今日を生きていきゃいいんだ

まだくたばるには早すぎるだろ

(プロフィールはありません)

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP