Haunt You - 歌詞

投稿日:2020/09/04 23:10:23 | 文字数:475文字 | 閲覧数:1,433 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

光が揺らぐ君の目には いまにも消え入りそうな
心臓を巡った炎の暮れない陽の在り処

水底に咲いている骸の形をしている不安がいて
うごけなくなってしまう頃にいつかの未来も途絶えていたんだ

白以外ない辺り一面の夢みたいな珊瑚の破片をあつめて
散文詩につないで 一人の物語を紡いで

心を巣くう君の暗闇が晴れたらあの丘へでかけよう
見返りなんていらないよ
「少しだけど、光を二人で分けあおう」

他人より何かが足りなくて信じてしまいそうになる
気づけない僕は裏切られたはずの言葉でも

沈んでも木々のいない街に溶けきれない 朝がまだこない
理解して理解しあうことも同調もなにもしたくもないんだ

なんともないのに頬を伝うこの跡の理由がわからないの
救われなくても生きていたいよ それでも世界を美しくおもうから

夜を縫いつづけている正しさが縛られる弔いの記憶に
時計の針のとどかない遠くへ向かってしまえば「幸せ」になるの?

過ぎ去りし日の四季のかなしみが微笑みのむしろに根ざしても

忘れていくよ きっと

フェルトのつたえる想いも 祈りも この言葉も

offvocal等置いております。
なにかご要望等ございましたら出来る限り対応致しますので、気軽にご連絡ください。また、wav音源も配布しておりますので欲しい場合はご一報ください。
@emihjs
shimabkr0@gmail.com

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

もっと見る

▲TOP