夏想恋歌

投稿日:2013/11/04 12:38:17 | 文字数:341文字 | 閲覧数:63 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

追いかけるほど 遠ざかる蝉時雨
手を伸ばすたびに あの夏が零れてく
瞳を閉じれば 聞こえる夏想恋歌
今もまだ 君を想っては 歌うよ

水打ちの跡で 遊ぶ蝉時雨
季節の終わりを 今年もまた
一人 見つめてる
夕凪が誘う 記憶の迷路で
君の声がした そんな気がして
僕はまた 目を閉じる

いつまで待てば 思いは消えてくれる
どれだけ経てば 一人で歩き出せる
淡くて切ない 記憶と夏想恋歌
今はまだ 君を想ってる

優しい声も 髪の匂いも
右手のぬくもりも
いつか忘れてしまうのならば
せめてこの歌だけ

夜空に消える 今年最後の花火
今日もまた 君を

追いかけるほど 遠ざかる蝉時雨
手を伸ばすたびに あの夏が零れてく
瞳を閉じれば 聞こえる夏想恋歌
今はまだ 君を想っては 歌うよ

はじめまして、推薦すべき不運なPことmelancholy(メランコリー)と申します。
まだまだオリ曲作り始めたばっかりのほぼ素人ですが、じっくりゆっくりやっていきたいですw
イラストやPV等はてんでダメなのでお手伝いしてくださる方募集中です。
よろしくおねがいします♪

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP