つめたいいのち

投稿日:2012/04/08 23:31:33 | 文字数:655文字 | 閲覧数:88 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

これ前に投げたっけ?

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

アナタが優しく笑う
アナタが息をする
ボクはほおを伝う
そのヒカリを追う

アナタが悲しく笑う
アナタは泣いている?
繋がる冷たいキカイが
無機質なおと一つ

ゆれる指先
うごかないのかな
乾いてくくちびる
くちづけしてあげるよ…

ボクはヒトじゃないから
悲しみなんてわかんないから
何も感じることなく
見送れるはずなのに
ボクはヒトじゃないから
この肌に温もりはないから
アナタのその暖かい手が
ずっと忘れられなかった

アナタの手はボクみたい
ねえなんで見てくれないの
キカイたちとさよならして
アナタはまた一人ぼっち

優しい笑顔
みせてくれないどうして
せまい窓の中
ほおにふれたいのに…

ボクはヒトじゃないから
痛みなんてわかんないから
このAI(ココロ)のなかは
何も感じないはずなのに
ボクはヒトじゃないから
衝動なんてあるわけないから
喉までこみ上げる何かは
きっと唯のエラーだ



ボクはヒトじゃないから
苦しみなんてわかんないけど
ボクのマガイモノのAI(ココロ)の中に
渦巻いてるこのモヤモヤは
きっとセツナイモノだ

ボクはヒトじゃないから…

ボクがヒトだったとしたら
僕は何をしていたのかな
苦しみ悲しみ全部ひろって
短く生きてられたのかな

ボクはヒトじゃないから
うれしさなんて知らないけど
ボクは一人じゃないから
いつまでも立っていれる

ボクはヒトじゃなくても
たとえこの肌が冷たくても
隣にいたあなたのおかげで
今日もまた起動できる


明日をまた見てゆける



時間を浪費してなにかをつくります。

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP