蒼色葉唄

投稿日:2019/06/01 00:44:06 | 文字数:735文字 | 閲覧数:76 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

 紅色華唄の男性目線verです。魔王軍というユニットに所属しまして、そこで夢をみた。さんと話しているうちに出来ました。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

I 色は匂えど
 花は散りゆく運命
 この声に祈り込め
 蒼き空の下で鎬削る

A 朧気な声に
 何度答え求め
 叫ぶ夢を見ただろう

B 血煙舞い 泥水を啜り
 敵も 味方も
 正義の在処すら分からない
 ただ 命が消えていく地獄

S 色は匂えど
 散り逝く命
 遠く 故郷を想い
 ただ祈る どうか

A 問い掛ける心
 迷うままの思考
  何も変わらないままで

B 血煙吸い 泥水にまみれ
 敵も 味方も
 嘆きの叫びが響き渡る
 ただ 命が消えていく地獄

C 空は晴れど
 地を彩り 咲き誇る死
 嗚呼 涙を吸い込んで
 蒼く色付いた

S 花は匂えど
 散り逝く命
 遠く 故郷を想い
 ただ唄う どうか
 どうか 生きてと

全文ひらがなver

I いろはにおえど
 はなはちりゆくさだめ
 このこえにいのりこめ
 あおきそらのしたでしのぎけずる

A おぼろげなこえに
 なんどこたえもとめ
 さけぶゆめをみただろう

B ちけむりまい どろみずをすすり
 てきも みかたも
 せいぎのありかすらわからない
 ただ いのちがきえていくじごく

S いろはにおえど
 ちりゆくいのち
 とおく ふるさとをおもい
 ただいのる どうか

A といかけるこころ
 まようままのしこう
  なにもかわらないままで

B ちけむりすい どろみずにまみれ
 てきも みかたも
 なげきのさけびがひびきわたる
 ただ いのちがきえていくじごく

C そらははれど
 ちをいろどり さきほこるし
 ああ なみだをすいこんで
 あおくいろづいた

S はなはにおえど
 ちりゆくいのち
 とおく ふるさとをおもい
 ただうたう どうか
 どうか いきてと

 言葉の楽園、なろう、ツクール、ハーメルン、pixiv、piaproに『Sillver』のハンドルで活動してます。アイコン設定出来る所はTwitterのヘッダー使ってる事多いです。
 おおよそ、言葉に関連する事は色々やってみたい人です。
 ただ、頑張って色々やってみたのですがどうにも作曲能力は無いようです。無念……。
連絡先 Twitter @844eb288e92145e

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/20

もっと見る

▲TOP