玩具屋カイくんの販売日誌(144)  ニコビレの新たな仲間!

投稿日:2012/03/11 21:01:13 | 文字数:1,309文字 | 閲覧数:86 | カテゴリ:小説

ライセンス:

新しい入居者を迎えて、ニコビレも活気づきそうですネ。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

「よろしくおねがいします!」
「こちらこそ、どうぞよろしく」
「ふふ、いい先輩そうで良かった。ヨロシクお願いします!」

なんだか、昔からの友達のようになじんでしまった、一同だった。

ここは、新進のデザイナーや、創業して間もない、将来有望な企業を支援する施設の「ニコニコ・デザイナーズ・ビレッジ」。
1階にあるティールームで、ここに入居するクリエイターたちが、楽しげに話をしている。

この春、新たに何組かが入居してくる。
いま、話をしている「レイム&パム」もそのひと組だ。

そして彼女たちに「先輩」と呼ばれた2人組は、「てんわ」というユニットだ。
今年で3年目の入居者なのだ。


おおやけの施設である、この「ニコニコ・デザイナーズ・ビレッジ」…通称「ニコビレ」。
ここでは、将来有望なクリエイターに、安い入居費で仕事の場所を提供している。

通常、入居期間は3年間なのだ。

「ここには、いろんな分野のクリエイターがおるから、仲ようすると、いろんな情報がもらえるよ」
にこやかに、「てんわ」のマコさんが言う。彼女はファッション・デザイナーだ。

「ありがとうございます」
ぺこりと頭を下げるのは「レイム&パム」の、白堰鴒礼夢(はくせきれい・れいむ)さんだ。


●どんな商品を作ったの…?

「レイム、そんなに硬くならなくっていいって。“てんわ”さんは優しくていい方だよ」
彼女に笑って言うのは、彼女の相方の葉丸美優(はにまる・みゆう)さん、通称ぱみゅちゃんだ。

「そうそう、ぱみゅはよく判ってるよね」
うなずいて笑うのは、マコさんの相棒の、天菜ルナさん。
彼女とぱみゅちゃんは、フリマで共同で店を出したり、仲が良いのだった。


皆でいろいろ、話に花が咲いていると、ティールームの窓から、ニコビレの廊下をちらっと、誰かが通り過ぎくのが見えた。

「あ!デフォ子さんや」

指さして言うマコさんの声に、皆が視線を向けると、彼女は気付かずにすたすたと向こうへ去って行ってしまった。

「いまの方は?」
「うちらの友達の、デフォ子さんやけど…。彼女もここの入居者なの」
レイムさんの問いに、マコさんは答えて言った。

「そういえば、彼女、さいきんスゴク、不思議な商品を作ってしもたらしいという、ウワサなんよ」

「不思議な?」
レイムさんとぱみゅちゃんは、声をそろえて聞いた。

「ええ。ま、そのうちわかると思いますよ」
マコさんは言った。



●不思議なことが起こるの

「不思議と言えば、いま、雑貨の業界で、いろいろ、不思議なことが起こってるんですって」
ぱみゅちゃんは、思い出したように、身を乗り出して言った。
「“ギャラリーゆうひ”の、観月さんが言ってたの」

「何?不思議なことって。神隠し、とか?」
そう言って笑ったのは、ルナさんだ。

もちろんそれは、冗談だった。でもぱみゅちゃんはニガ笑いしただけで、あとは答えなかった。


「ふうん、でもね、釣られて言うわけじゃないけど、」
ルナさんは、声をひそめて言った。

「このニコビレでも、さいきん、ちょっと不思議なことが起こるのよ」(ノ゜ρ゜)ノ

雑貨の仕事をしてます。
キャラクター雑貨がらみで、キャラクターも好きです。

音楽も好きですが、好きな曲の初音ミクバージョンを聴いて感心!
ボーカロイドを聴くようになりました。

機会があれば、いろいろ投稿したいと思ってます。
宜しくお願いします。

twitter http://twitter.com/tamaonion

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/23

もっと見る

▲TOP