薄ら笑いの夜

投稿日:2020/02/12 22:29:11 | 文字数:303文字 | 閲覧数:95 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

明かりを落として 今日一日を振り返る
あのときこうしてりゃ あのときこうしなけりゃ
でも さしたる意味のない一日だったな

疲れすぎて眠れなくて そのまま過去を振り返る
あのときこうしてりゃ あのときこうしなけりゃ
あれ さしたる意味のない人生だったか

薄ら笑いの夜 僕はひとりで泣いたのさ
新しい明日が来ること 祈りながら

思ってもないことを言い 浮かんでもない笑顔見せ
このときこうすべき このときこうしちゃダメ
結局 悪者になりたくないだけだろうな

薄ら笑いの夜 僕はひとりで泣いたのさ
相応しい自分になること 願いながら

薄ら笑いの夜 僕は君を思い出した
あるいはそれは夢の中のことだったか

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 薄ら笑いの夜

    by 1002pさん

オススメ作品10/30

もっと見る

▲TOP