夜想

投稿日:2016/06/23 18:51:46 | 文字数:366文字 | 閲覧数:29 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

http://www.nicovideo.jp/watch/sm21370316

廓の中でただ見つめる空は黒く。

ある日1人の男と檻越しに目があった。
1人の女郎はその男の事を知らず知らずに想うようになっていた
あの日から男もよくこの女郎と親しくなっていった。
しかしその男は武士、叶わぬ想いに今日も女郎は空を眺める

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

A1
零れる手を 繕いながら
静かな天へ 身を委ね

B1
黄燐の炎に朽ちてゆく想いは
宵闇攫って 貴方の肩に寄り添って

S1
夜に召された蝶は翅を裂かれ
聲の届かぬ様に 静寂に咲う
差し伸べられた腕は 柔らに唄う
終も叶わぬ夢は 中に舞い散る

A2
繋がる糸 朱く染めゆく
微笑み交わす 夕去りへ

B2
美しく息づく銀色の刃は
貴方の匂いを いつでも甘く漂わせ

S2
檻に閉じ込められた虚しい嘘に
滴る淡い雫 響き去った
小鳥の囀り今 水面に揺れる
籠の中で朧ぐ 想いの剥片

B3
黄燐の炎に朽ちてゆく想いは
貴方の心に 届いてはいけない夢

LS
夜に召された蝶は翅を裂かれ
聲の届かぬ様に 静寂に咲う
小鳥の囀りさえ 聴こえぬ空で
流る貴方の聲を想い浮かべて

ツイッター始めました@ramillllin

【曲募集】の歌詞、よければ拾ってやってください。※作曲前に必ずメッセお願いします。

お手伝いさせて頂いた曲↓
http://www.nicovideo.jp/mylist/43562888

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP