積もる白と青い少女

投稿日:2017/03/29 13:10:59 | 文字数:281文字 | 閲覧数:46 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

これまたイミフな世界観です
作者ですら解説求

解釈が分かれるところですね。
コメントいただけると嬉しいです!

こんなんだけど、曲つけてくれる人募集中でっす!(*゜▽゜)ノ

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

積もる白に佇む青が映えて
それはまるで 氷に命が宿ったような
冷たい だた冷たいその手を取るのだ


積もる白を赤い跡が這って
最期はせめて 温もりを求めるように
冷たい ただ冷たい息を吐くのだ


ああ

ああ


これからどうすればいいのか
それでもまだ分からなかった
傍らに転がるボーガンの
赤い切っ先を向けて
さあ
答えを見つけよう



積もる白に薔薇が二輪咲いて
それでもまるで初めから何もなかったように
右手の だた冷たい矢尻を取るのだ


そして
積もる白に佇む青が映えて
それはまるで 氷に命が宿ったような
冷たい ただ冷たいその目が合うのだ。

作詞を主に(たまに絵師として)活動していきたいと思っています。

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP