華氏100度

投稿日:2021/06/15 12:04:08 | 文字数:576文字 | 閲覧数:28 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

ロックかな?

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

華氏100度の熱が僕をじりじりと焼いていく

尖った朝日が眩しい朝も 容赦ない暑さは足下から這い上がって
制服姿の僕を苛み 汗の雫を滴らせる

こんな暑い夏の日なのに きみは涼しげな顔をして
まだ冷房の入らない教室で本を読んでいたね

華氏100度の熱が僕をじりじりと焼いていく
端正な横顔に縁なしの眼鏡が似合っていること
通った鼻筋が少し日に焼けて赤くなっていること
その全てが僕の心を捕らえて放さない

凹んだ夕陽も稜線に沈む たまらない暑さはそれでもまだ残ってて
汗ばみ張り付く僕の身体に 不快指数を跳ね上げてく

そんなうだる夏の黄昏 きみは颯爽と歩いていて
もう真夏から抜け出した旅人のように見えていたね

華氏100度の熱が僕をじりじりと焼いていく
夕闇が刻み込む顔の影が艶増し調和してること
湿った熱風に僅かだけスカート押さえ見上げること
その全てが僕の心を捕らえて放さない

この熱量をきみにどう伝えればいいんだろう?
真夏の暑さだけではないぼんやりとして浮かされた
僕の熱情はどうすればきみに届くんだろう?

華氏100度の熱が僕をじりじりと焼いていく
冷たさに気後れしかけられない言葉を探している僕
沈んだ夕焼けは戻らない だから勇気を出していこう
その全てが僕の心を捕らえて放さない
そんなきみにだから「好きだ!」って言いに行こう

(プロフィールはありません)

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/19

もっと見る

▲TOP