きかないくすり

投稿日:2018/04/29 00:04:04 | 文字数:151文字 | 閲覧数:66 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

カナルディア、
待合室は
微熱のまぼろし
幼い陽炎

羽化するあいだ
ゆたかな血潮はどこへとむかうの?

肌に残る
抗生の芽
夢遊する指
上擦る痛み
解(と)けゆく綾

肌に残る
抗生の芽
灯る瞳
子守唄は もう 効かない

言葉たらずのふたりには
春の午後の温度が似合う
安易なからだあたためるため

cat nap の詞とねこぜを担っています。
ここに載せているものに曲をつけていただける際は、事前にお知らせください。(すでに曲がついている場合があります。)
ついったー@kirin_no_tom

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • きかないくすり(Instrumental)

    by ねこむら - cat napさん

▲TOP