茜空に二人のプレリュード / feat.初音ミク

投稿日:2020/11/16 00:17:55 | 文字数:464文字 | 閲覧数:800 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

オリジナル曲の歌詞です。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

僕らは走り出す 前を見据えて 遠く 遠く

長い映画の途中で投げ出してしまうような
やるせない掴めない気持ち そんな25時

上手くいかないことばかり思い出してしまうから
何かに触れてみることもいつからかやめてしまった

確かにあった飛び立つ雛の心燃やす期待の音
忘れてしまったのかい

僕らは走り出す 迷いは捨てて
遠く 遠く 茜さす空へ
たとえば夜が来て見失いそうになっても
信じ続けるよ 君がいるから

夏の夜空に夢中で いちばん大事なものに
気付けない不甲斐ない僕ら 声も響かない

遥か遠くの星の光が時を越えて今に届く
僕らを導くように

二人は見つめあう 星がささやく
もっと もっと 鼓動が高鳴る
たとえば朝が来てすれ違いそうになっても
探し続けるよ だから信じて

涙に溺れても 夜露に沈んでも
どこかで虹の欠片が
君を待っている
思い描いていた
青く染まる明日

僕らは走り出す 迷いは捨てて
遠く 遠く 茜さす空へ
たとえば夜が来て見失いそうになっても
信じ続けるよ 君がいるから

茜色の空に 願い続けよう

音楽を作ることがあります。

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 茜空に二人のプレリュード / feat.初音ミク

    by 璃兎-LIT-さん

オススメ作品10/30

もっと見る

▲TOP