秋風ハレルヤ

投稿日:2020/10/16 11:15:35 | 文字数:451文字 | 閲覧数:15 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

季節に出会った男女のこれからを歌詞にしてみました。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

出会いは秋の空の下で
落ち葉の山の中寝ていた
起き上がる君の顔や髪に
紅葉が混ざる姿見ていた

やさしい風に吹かれたら
行きつく先はどこだろう
過ぎるていく季節の中で
君にたどり着きたい

秋風ハレルヤ
吹いた風が二人を巻き込でいく
青空高く、高く
舞い上がる紅色が鮮やかに散る
君と僕の季節
晴れ時々落ちてくる空

聞いたのは夜空の下で
冷めた風が身体を刺した
真直ぐ僕の目を見つめ
語る別の人との想い出

引きずった想いがある
行きつく先は別れ道
間違いだらけでもいいのさ
君しかいないのさ

照れる顔も 素直じゃない言葉も
笑った顔も 悲しい時の叫びも

全部 全部 全部 全部受け止めて
雨も 風も 想い出も受け止めて行こう

語りあう日も 企んだ目をする時も
下を向いても 涙流したあの日も

全部 全部 全部 全部受け止めて
終わらないで 僕とこれからを始めよう

秋風ハレルヤ
吹いた風が二人を巻き込でいく
青空高く、高く
舞い上がる紅色が鮮やかに散る
君と僕の季節
晴れ時々落ちてくる空

気軽に思った歌詞を書いています。なので気軽に見て下さい。

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP