霧の公園

投稿日:2011/05/16 13:09:54 | 文字数:390文字 | 閲覧数:65 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

「霧の公園」の歌詞です

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

霧の公園 作詞 蒲生 義人


霧のかかる公園の夜 君は何を見つめていたの
頬を刺す 凍てついた風
二人の距離を 伝えていた

月の光に浮かぶ影 夜の芝生に伸び霞む
いつもの場所で 手にしたタバコ
君の影は 隣に無い
凍る芝生が きしりと泣いた
タバコの煙が 月に届く

霧のかかる公園の中 君は何を思ってたの
頬に浮かぶ 煙の影に
二人の距離を 思い出してた

月が照らした僕の背中 夜の帳が映し出す
いつもの場所の かつての記憶
君の影が 隣にあった
凍る芝生に 背中を預け
タバコの煙を 月へと吐いた

霧のかかる公園の空 君が見ていたその景色
届けばいい 汚れた煙
二人の距離は 戻らないなら

皮肉な笑みで つぶやいた
君と僕は ここにいたのかい?

霧のかかる公園の夜 君が見ていた月明かりを
見つめている 僕の姿を
木陰で君が 見つめていた

同じ記憶を 握りしめて

ニコ動で活動中! 主に作曲担当です

まあゆったりやっていきませう(・ω・)ノ 







もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 霧の公園(帳修正済み、リマスタリング)

    by キールソン@休暇中さん

オススメ作品10/27

もっと見る

▲TOP