窓の雲

投稿日:2016/12/20 17:17:01 | 文字数:414文字 | 閲覧数:105 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

yossi67様の、「無題ソング10」http://piapro.jp/t/o83_ に応募させていただく歌詞です!何か変なところがございましたら、ご修正ください……。

再考しました!変更が多くて申し訳ございません。
やっぱり入らない……ですか?
カッコの中の歌詞を使うかどうかは、yossi67様にお任せいたします。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

白く曇った 窓ガラス越し 目で追った
横切る鳥に 追いつけなくて 見てた空
「そんな淀んだ 瞳なんかで 何が見える?」
蔑む君に 痛む 目を逸らしてた

「何がしたいんだよ、ねぇ」知るわけないよ そんな
広すぎる空それで 地図もないけど

ふと 

見下ろした のぼるハシゴから 小さな窓 光浮く 白い雲
顔上げた あの時見上げてた 空に今僕はいる 嬉しくて  

憧れなんて 窓ガラス越し 目を覆う
裏切る夢は 不確かだけど 命綱 
「僕に掴まれ 上を目指せば きっと見える!」
動けぬ星が 託す 無責任すら

「だから言ったんだよ、ねぇ」聴くわけないよ そんな
広い空に地図とか なくていいから

だから

風切る雲 見上げ 目を凝らす
宙切る腕では 届かない 遠い空

裏切る夢 見上げ 追いかける
きっとそこに何かあるよ 青い空

(ほらね!)

風切る鳥 見つめ 追いかける(浮き上がる) 
小さな空飛び出した 窓の雲

こんにちは!よろしくお願いします♪まだまだ初心者マークの人です。
カバの如くぼんやりしているようですが、頑張ります……。

もっと見る

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    使わせてもらいました

    こんばんは。【窓の雲】の詞を入れてみましたが、いくつか再考をお願いします。
    1番のサビ部の後半の意味が?特に最後の「下だった」とは?
    また、2番のサビ部が入りません。
    なお、案のように2番のサビの後半を繰り返してみたいと思います。
    よろしくお願いいたします。m(__)m

    2016/12/16 00:00:47 From  yossi67

  • userIcon

    メッセージのお返し

    こんばんは!お手数をおかけして、申し訳ございません。
    一番のサビ部の後半の意味は、イメージとしては、「空を昇っている主人公が、ふと後ろを振り返って、今まで住んでいた家を見る。小さな窓に手をついて、小さくて自分で曇らせていた視界で、いつも憧れて見上げていた空。そこに今自分がいるんだとふと気がついて、憧れを裏切られたりもしたけど、やっぱりあの窓は下にあったんだなぁ(今少し上にいるんだなぁ)と、元気が出た」という意味を込めさせていただいたのですが、未熟なので意味不明になってしまいました。
    それに、二番入らなかったんですね……すみません!自分で確認したはずなのですが、どうにもポンコツで気がつかなかったみたいです。
    ごめんなさい、長くなってしまいました。再考いたします!
    こちらこそ、よろしくお願い致します。ありがとうございます!m(__:)m

    2016/12/16 23:22:33 石鹸亭

  • 【初音ミク】窓の雲【オリジナル作成中】

    by yossi67さん

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP