世界でいちばん頑張ってる君へ

投稿日:2009/04/18 12:36:56 | 文字数:1,016文字 | 閲覧数:624 | カテゴリ:小説

ライセンス:

KAITO×MEIKO

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

昨夜の雨で桜が散った。お花見しようねって、皆と話したのが先週のこと。
結局その時は予定が合わなくて流れてしまい、しかも昨夜からカイトとは喧嘩中。
新しい曲の楽譜にも目を通さないといけない。
何もかもに手をつける気にはなれなくて、一人部屋で溜め息を吐いた。

「もう、何もしたくないかも……」

最近忙しくて心に余裕がなくなってる。カイトとの喧嘩は、普段なら気にもしないような小さなことが原因だった。
謝るタイミングをすっかり失って、部屋に引っ込んできたのだ。ベッドに座り込んでぼーっとしていると、ドアがノックされた。

「……どうぞ」

カイトではないと思う。喧嘩の原因は私な訳だし。

「めーちゃん、仲直りしよっか」

そこには、申し訳なさそうな笑みを浮かべたカイトが立っていた。
なんで、と呆然としている私を余所に、カイトは私の横に腰を下ろす。二人分の重みにベッドが軋んだ。

「……カイト、あの」
「ごめん」

私が言う筈だった言葉を、カイトが囁いた。
そっとカイトから何かを握らされる。一体何を、と思ったらそれは八重桜だった。枝についたままの八重桜は鮮やかな色で、とても綺麗だ。

「花はまだ咲いてるみたいだよ」
「え?」

そっとカイトに抱き締められる。カイトの低くて優しい声が耳元で響いた。

「だからお花見はできるし、楽譜の確認は一緒にやろう」
「カイト……」

呼ぶ声に泣きが混ざってしまう。それに気付いたカイトは背中をさすってくれて、それからおでこにキスしてくれた。

「いつもごめんね、めーちゃんの優しさに甘えてばっかりで」

優しさに甘えてるのは私の方だ、と首を横にふる。

「いつも頑張ってくれてること、知ってるよ」

私が頑張れるのは皆が、カイトがいるからだ。伝えたい言葉は全部涙と嗚咽に変わる。

「疲れてても笑ってくれることも知ってる」

疲れた私に、いつもくだらないことを言って元気づけてくれる。

「いつもありがとう、めーちゃん」

そこでカイトの身体が離れ、そっと顎を持ち上げられる。カイトの指が私の涙をぬぐってくれて、それから唇にキスされた。
角度を変えて何度もキスされる度に、たくさんの愛してるが贈られてるような気がする。


今度はごめんもありがとうも私から伝えるわ。



世界でいちばん、大好きな君へ。







fin.



***

同名のMADがとても好きです(*´∀`*)

KAITO×MEIKOスキーでごさいます。
小説ばかりになるかと思いますがよろしくお願いします(`・ω・)ノ+。
創作活動を通していろんな人と話してみたいと思ってます!

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

もっと見る

▲TOP