いつかまたね。 歌詞

投稿日:2014/08/24 23:35:19 | 文字数:470文字 | 閲覧数:154 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

イツカマタネ。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

いつかまたね。

尾の折れた猫大好きなママのあとついていく
振り返らずにまっすぐにママはただ進んでいく

それに歩幅合わすことができず

どれだけ泣けばもう一度あの朝に戻れるの
知らない道は行き止まり柵の向こうママがいた

それは遠い記憶「僕は捨てられたんだ」

「いつかまたね」と言ってくれたそれがお別れの言葉で
「いつか会える」と思った僕の願い叶えられそうにない

ああすればとかこうすればとか
いつまでも空はあの日見た夕日
昔、母に言われました
「自分のこともできていないから」って
言い訳にしか聞こえない
涙を流す資格すらもない
早く大人になりたかった
私、大人になれなかった

ママ

僕は捨て猫大好きなママのあとついていく
踏切の前立ち止まるなぜママは泣いてるの

それは遠い記憶「僕は        」

「いつかまたね」と言ってくれたそれがお別れの言葉で
「いつか会える」と思った僕の願い叶うときがくるまで

ママが大人になって僕を忘れるときがきたとしても
いつかまた会えたらきっとねママの横で眠らせて

ママの横で眠らせて

初めまして

尹々(ゆんゆん)といいます

ご意見、ご要望等々御座いましたら善処致しますのでお気軽にメッセージ下さいな

宜しくお願いします

twitter⇒http://twitter.com/yuuuuun6

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • いつかまたね。

    by 尹々さん

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP