玩具屋カイくんの販売日誌(267)  レイムさんの “カン” 冴える

投稿日:2016/02/11 17:57:54 | 文字数:1,221文字 | 閲覧数:69 | カテゴリ:小説

ライセンス:

ミクさんとレイムさん、再開! 彼女は、謎の会社について、何を知っている?

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

その時、部屋のドアを「トントン」とノックする音が。

「はぁい」
答えながら、紙魚子さんがドアに向かう。
部屋をのぞきこむように立っていたのは、レイムさんだった。

「ミクさん、こんにちは」
「お久しぶり、レイムさん」
椅子から立ち上がって、笑顔になるミクさん。

2人は、デフォ子さんがここに居たころに、会ったことがあるのだ。

「お邪魔します」
「どうぞ、入って」
とドアを開く紙魚子さん。

目をキラキラさせながら、ミクさんの向かいの席に座る。
なんだか部屋の勝手を知ったるような、彼女だった。

レイムさんは、紙魚子さんが席に戻るなり、尋ねる。
「ねえ、またあの会社?動き出したの? あの、月光企画?」

なんだか、ちょっと喜んでいるような、はずんだ声だ。
これから、少々不思議な話になるかと思っていたミクさんは、やや面食らった。


●なんなんだ、この人は?

「そうなんだよ。月光企画」
こちらもまた、落ち着いたような答えをする、紙魚子さん。
すると、しばらくミクさんと紙魚子さんの顔を、かわるがわる見比べていたレイムさんが、言った。
「...月光企画と、“はっちゅーね”、の事、ですよね?」

ミクさんは、とりあえず、うなずいてしまった。
うなずきながら、「なんなんだ、レイムさんは、人の心が読めるのかしら」と、ふと思った。

すると、紙魚子さんに向かって、レイムさんは聞く。
「何か、起こったの?事件か何か」
「うん、いえ、まだ」

そういって、ミクさんのほうを見る。
そして言った。
「起こりそうなの。ミクさんは、その相談に来られたの」


●まだ危険な目には...

レイムさんは目を見開いて、ミクさんに向かって言う。
「あ、誰か、神隠しに会いそうだ、とか?」

あまりにもズバズバッ、と続ける言葉に、ミクさんは呆気にとられてしまった。

その顔をジッと見て、彼女はニヤッとした。
「そうか。そうなんだね。チキショー、あの会社。やることが、ホント不気味なんだよね。なんなんだ、あの会社」

それを聞いて、ミクさんはこんな場面なのに、ちょっと可笑しくなってきた。
「(なんなんだ、って。アナタもなんなんだ、よね)」
心の中でそう思う。

レイムさんは続ける。
「ミクさん、あの会社の仕事をことわった、とか...。そんな事じゃないの?」
「そうなのよ」
図星を突かれた形だが、思わず大きくうなづいた彼女だ。

すると、妙なことに、紙魚子さんがレイムさんに向かって、こう言う。
「そっか。レイムちゃん。カンが冴えてるね。それじゃ、わかるかな...?」

じっと紙魚子さんの目をのぞきこんでいた彼女。
ゆっくりとうなずいて、答えた。
「うん。まだ、だいじょぶ。まだ、誰かが危険な目には、会っていないと思うよ」

こんどは、ミクさんがレイムさんの目を、のぞきこんでしまった。
「何...? そんな事が、わかるの?」??(・_・*)(

雑貨の仕事をしてます。
キャラクター雑貨がらみで、キャラクターも好きです。

音楽も好きですが、好きな曲の初音ミクバージョンを聴いて感心!
ボーカロイドを聴くようになりました。

機会があれば、いろいろ投稿したいと思ってます。
宜しくお願いします。

twitter http://twitter.com/tamaonion

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/29

もっと見る

▲TOP