4cm

投稿日:2008/06/02 21:49:32 | 文字数:393文字 | 閲覧数:136 | カテゴリ:(未選択)

ライセンス:

タイトルの読み方は「よんせんち」でお願いします。

鏡音レンのイメージで書いた歌詞です。
お目に止めて頂ければ、本当に嬉しいです。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

背伸びして手を伸ばしたら 届くような気がしてた
それが僕らの距離だったよね

生意気だって笑う君の声が
いつまでも いつもでも
この場所にあるように感じてたんだ

茜色 長い影を追って
いま真っ直ぐに歩き出してる

4cm 先の未来では 
ほんの少し優しくなった僕が 「ありがとう」って君に手を振る


ひとつふたつ星を数え 一番まぶしいものを
君のための指輪にはめて

迎えに行くよ、なんてキザな台詞
どうしても 言えなくて
「子供だよね」って わざと突き放した

かわいいね 素直に言えてたら
もっと大事にしてあげれたね

4cm 巻き戻した過去
振り返る細い肩に雨の音 あのとき君とキスしたかった



4cm 足りずにいたよね
切なくて 悔しくて 消えない気持ち
それでも ずっと感謝してる

4cm 先の未来では 
ほんの少し優しくなった僕が 「ありがとう」って君に手を振る

(プロフィールはありません)

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

もっと見る

▲TOP