睡蓮(仮題) 作曲 ボカロP 募集

投稿日:2015/04/28 22:30:58 | 文字数:548文字 | 閲覧数:77 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

探したいものは近くにあって、捜すことを諦めた途端、不意に目の前に顕れた。笑えるような、泣けてくるような、二人のお話。
うーん…長いサビ(笑)
何だか、書いていたら勝手にこうなりました。詰め込んだ感がマッハ…
作曲者様、ボカロP様を募集したいと思います。
期限は設けず、こちらのイメージに合うものが出され次第採用させて頂きます。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

 A
何を求めてた? 流される日々の中
目指す向こう側 止まらない夢だった

 B
何が見えて 何が聞こえて 何を知れば 僕は
君が見えて 声が聞こえて 二人でいることが出来る?
僕が触れて 僕が話して 僕が絶えた 時は
君は 泣いて くれるのかな

 S
悲しそうな顔で 弾けて 開いた
とても綺麗な花
浮かぶ 浮かぶ

悲しそうな顔が あの日に 重なり
君を憂うような
君が 僕が

今も どこかで 漂って いるかな
僕らの 通い路が 残りますように


 C
どのくらい 離れた? 僕らの 昨日から
安息の 日々では 見えない 何かが
見えなくて 見たくて 溢れば 恋情
感情を 知らない 君が いたんだ

 S
悲しそうな顔で 弾けて 開いた
とても綺麗な花
浮かぶ 浮かぶ

悲しそうな顔が あの日に 重なり
君を憂うような
君が 僕が

今も どこかで 漂って いるかな
僕らの 通い路が (残りますように)


嬉しそうな顔で 笑って 描いた
とても透明な日と
たゆむ たゆむ

嬉しそうな顔が いつかと 重なり
二人明日へ向かう
君が 僕が

今は どこかで 止まって いるんだ
僕らの 通い路を 見つめ直すまで
君との 物語 いつかなくなるけど
二人の 軌跡だけ 壊れないように

二次創作やオリジナル小説執筆から歌詞作成の道に入り、ここではほぼ作詞のみで活動しています。
簡単なイメージさえ頂ければ、翌日までには歌詞を完成させられるかと思いますので、急ぎの依頼なども遠慮なくお寄せ下さい(^^)

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP