玩具屋カイくんの販売日誌(153)  はっちゅーねと、不思議な穴

投稿日:2012/05/13 20:46:35 | 文字数:1,431文字 | 閲覧数:78 | カテゴリ:小説

ライセンス:

心を癒してくれたり、不思議な気持ちにしてくれたり、人形って面白いですね

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

「なんか、よくわからないけど…」
デフォ子さんは、お茶のカップを机に置いて言った。

「ウワサでは、たまに、人の話にあいづちを打つんだってサ」

話を聞いていたマコさんは、目を丸くした。
「はぁ。でも、それって、中にはいっとるマイクロ・コンピュータで、反応するだけとちがうの?」


アーチスト支援施設の「ニコビレ」のティールーム。
午後のひと時、デフォ子さんとマコさんがお茶を飲んでいた。

話題は、いま仲間うちで、ちょっと話題になっている“不思議な人形”。
デフォ子さんと、ミクさんが共同で作った「はっちゅーね」のことだ。

「うん。マイコンで、言葉に反応する人形だけどね」
お茶をまた口に運んで、デフォ子さんは言う。

「それにしても、あまりにもあいづちのタイミングが良すぎるんだってサ」

マコさんは、ほおづえをついてつぶやいた。

「何か、妙な“発明”してしもうたのと、ちがいますか?」
「妙な?」
ちょっといたずらっぽく笑って、マコさんは続けた。

「“ココロ”がある人形を、作ったとかですわ…」


●問題なのは…

「はっちゅーね」は、ミクさんとデフォ子さんが、いっしょに開発した製品だ。

「おはよう」と話しかけると、いく通りかの返事を返してくれたり、
「ただいま」と頭をなでると、「お疲れさま」とか「待ってたよー」とか、反応してくれる人形だ。

あどけない表情と、癒されるボイスで、いま少しずつ、全国で人気が広がっている。


兄のカイくんのお店、キディディ・ランドのスタッフルームで、
ミクさんは、この「はっちゅーね」を見つめて、兄と話していた。

「売れ行きはいいのよ。それは嬉しいんだけど」
ミクちゃんは、目の前の人形を見て言う。

「不思議な反応をするっていう人が増えてるし」

カイくんはうなずいた。
「うん。メグさんのところとかね。」

彼は、人形の頭をなでて言った。
「でも、これ、全国でたくさん売れてて、ファンが増えてるけど、そういう人たちから、“変な人形だ”というクレームは、来ないよね」
ミクちゃんは、うなずいた。
「そうね。いまのとこ、私たちの周りの人たちだけね」

カイくんは、言った。
「うん。問題なのはこいつが、いつ、人の会話に入ってくるかということさ」


●風にあおられたポスターから…

その頃。

マコさんは、デフォ子さんと別れて、ニコビレの「作業室」にやって来た。

部屋には、ぱみゅちゃんとレイムさんがいて、作業をしていた。

「あ、こんにちは、マコさん」
「あら、精が出るわね。個展の準備?」
2人はうなずいた。
近々、彼女たちの作る“クレイ(粘土)アクセサリー”の展示会を、ギャラリー・ゆうひで開くのだ。

「頑張ってね。良い作品、期待してますよ、ウチも見に行かせてもらうからネ!」
「ありがとうございます。ちょっとアガっちゃうな、個展なんて」
ぱみゅちゃんは、恥ずかしそうに笑った。


作業室の大きな窓は開けられていて、明るい光が入ってくる。
気持ちの良い5月の風も、吹き込んでくる。

ちょうど、壁に貼ってあるポスターが、そよ風にあおられてめくれ上がった。

実は、そのポスターは壁の穴をふさいでいる板を、隠すために貼ったものだ。
すると、その穴から、妙な話し声が聞こえた。

「…いつ、人の会話に入ってくるかということさ…」

それは、カイくんの声のようだった。( ̄ー ̄?).....??

雑貨の仕事をしてます。
キャラクター雑貨がらみで、キャラクターも好きです。

音楽も好きですが、好きな曲の初音ミクバージョンを聴いて感心!
ボーカロイドを聴くようになりました。

機会があれば、いろいろ投稿したいと思ってます。
宜しくお願いします。

twitter http://twitter.com/tamaonion

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/23

もっと見る

▲TOP