名無しの詩

投稿日:2013/04/13 19:36:47 | 文字数:261文字 | 閲覧数:443 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

歌詞です

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

『名無しの詩』

(久しぶり、その後いかがです)
「ところで君は誰?」
・・・(答えはない)

なんて風にいつか交わすのかな
愛(は)しく愛(かな)しく
やがて俯いて

声は無垢なる日々へと
僕の頭の中には幻影が

宛て先のないこの詩は
崩れかけたその場所を忘れ
溢れるまでの悲しみも
思い出に宿る君の声も
もう分からない

寂しささえ涙にも出来ない
僕には何がある?

優しささえ形にも出来ない
僕には何がある?

宛て先のないこの詩は
崩れかけたその場所も忘れ
溢れるまでの愛しみも
思い出に宿る君の歌も
もう響かない

この作品URLを含むツイート1

  • 名無しの詩(カラオケ)

    by かるび太郎(オカメP)さん

もっと見る

▲TOP