太陽と月のロンド

投稿日:2010/02/17 18:53:41 | 文字数:593文字 | 閲覧数:2,531 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

太陽と月のロンド 歌詞です。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

廻る 廻る 二人の運命は
朱と蒼の炎 交ざり合うの

見つめ合うのは魅かれ合っているからでしょう
あなたの背中に決して消えない傷跡を残したい

一人泣いていたの
この手を汚しても手に入れたい

落ちる 堕ちる 二人の運命は
殺したいほど愛しい あなたの横顔

燃える 燃える 私の衝動を
あなたの冷たい唇でふさいで

私の心 もっと 傷つけて 強く
憎しみが もっと 生まれるように
そうすればきっと 一生忘れない
生まれ変わっても巡り逢えるの


堕落の味を知ってしまえば もう戻れない
まるで交わした刃 喉に突きつけ合うように

後ろから抱いてもいい?
あなたの弱さを感じたいの

後ろから抱いてほしい
私の弱さを感じてほしい

死ねる 死ねる あなたのために
私の命 もらってください 全て

消える消える 私の炎は
突きつけられた銃ですら愛しい

神様お願いよ 他には要らない
温もりをもっと 凍えそうよ
抱きしめてもっと 突き刺さるように
朱と蒼の炎 紡ぎ逢っていく


あなたが喜ぶなら…罪さえ背負うわ


廻る 廻る 二人の運命は
咲いた華は 散り逝く定めだから

燃えて 消えた 過去なんて要らない
ただ ここで今 感じていたいの


きつく絞めてよ もっと 息が出来ないほど
そうすればきっと 忘れられない

太陽と月が魅かれあうように
生まれ変わっても 巡り逢えるの

ボカロ作品のオケなどを投稿しています。

twitter
http://twitter.com/Tomoya_PB

HP
http://www.polyphonicbranch.com/

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

もっと見る

▲TOP