Tristesse

投稿日:2014/02/27 15:50:56 | 文字数:543文字 | 閲覧数:123 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

Tristesseの歌詞です。


CREDIT
Unit Project HANDAL : Fly Again
All Music Composed & Produced by OTAR
Managed & Directed by Sterlet
Mixing & Mastering : ReiN (Yang)

Musicians
Chief : OTAR
Guitars : OTAR
Basses : Ferrum, OTAR
Drums : UNAGIZUSHI, OTAR
Pianos : Baek Seulki, OTAR
Vocal : SeeU (From YAMAHA & SBS Art tech. / Operated by Yozumina)

Graphic Staff
Art Direction : ROTAMO
Logo Design : Sterlet
Character Design : ROTAMO, NEET, Sebalmoono
Jacket illustration : ROTAMO
Image Artists : ROTAMO, DDDDDDD, LASEN, KSB, MUMU, RYUNG-E

Managers
Chief : Sterlet
Clerk : Temisia, Sahyun
Translation : Sterlet, Lumis, Temisia, MIYAHARA KAZUKO(WAKIYAMA)

----------------------------------------------------------
Epilogue "Tristesse"
Lyrics : Sterlet
Compose : Sterlet, OTAR
Arrange : OTAR
PIANO : Baek Seulki
Voc. Operation : Yozumina

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

君のそばでいられた日々が
少しずつ思い出になる
そんなに感じた一緒にいた頃が
僕をちょっと迷わせる
君を待って届いた未来は
こんなに輝いているのに
その心の中残った寂しさは
僕をどこに連れ去るの?
そっと、強く押し寄せる睡魔
夢で君を消してしまう
君の声、今は待っていられない
見えない君をまた探してる
夕暮れ、日沈んだ場所で
もう、今は見えぬ貴方
それでも目を覚めば君がいるようで
もう抑えられない気持ち
伸ばした手、すぐつないだ手
今は届かない手になり
あの日、君といた一緒にいた景色
僕は涙に沈む
君とまた会える日がくると
そんなに信じたはずなのに
その胸の奥にまだ揺れる不安で
僕はずっとさ迷う
遠い、近い、届かない君が
迷うこの歩みを導く
またいつか、君ときっと会えると
闇の中を歩き続ける
夜明けがもう来ない場所でも
もう、私は止まらない
素足でまた君の前に立つまで
会える前には倒らない…
…涙で枕を濡らした
悪夢のような夜を越えて
距離を越えて時までも越えて
やっと見えた君の姿
この鼓動、今は抑えられない
沸き起これちゃう私の涙
雲が隠した月のように
見えなくてもいないわけじゃない
二人また出会ったこの場所から
またつないだ手に誓うー
いつまでも一緒に歩こう

「UnitProjectHANDAL」です。
どうぞよろしくお願いします。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP