島渡る風

投稿日:2016/09/01 20:04:13 | 文字数:369文字 | 閲覧数:40 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

夏の女唄です。
内地から沖縄に移り住んで、徐々に島になれてきた女の子をイメージしてます。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

暑い風が吹く桟橋で
碧い空まぶしさに目を閉じたの

遠くに見えるあの島にまで
風に乗せこの歌を届けたいわ

忘れてた気持ち思い出せるよに
この島で私歌を唄うの

大きなガジュマル
木漏れ日に目を細め
風に乗せて唄うの
広い空へ

古びた三線
緩んだ糸を巻くの
優しい風が吹くこの島で


白い波が寄せては返す
砂浜で三線をつま弾いてみたの

響く三線の音が今
風に乗りこの島を駆け巡るわ

忙しく過ぎた日々にサヨウナラ
この島で私今を生きるの

ゆっくり流れる
時にこの身任せて
風に乗せて唄うの
広い空へ

切ない時には
この場所で唄うの
優しい風が吹くこの島で


大きなガジュマル
木漏れ日に目を細め
風に乗せて唄うの
広い空へ

古びた三線
緩んだ糸を巻くの
優しい風が吹くこの島で


暑い風が吹く桟橋で
風に乗りこの歌が届いて

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/30

もっと見る

▲TOP