ペイナンドペイン

投稿日:2016/04/23 22:09:26 | 文字数:512文字 | 閲覧数:73 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

“Pain and pain.”
二(多)重人格の人格VS人格な歌詞。だと思います。

イラストや曲など募集しております。よろしくお願いいたします!

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

A
何も考えたくないんだな
些細なことで傷付いて
僕らの強さは千差万別だけど
痛みの強さも千差万別と誰かが言った

B
苦しいな、苦しいな、いっそ狂ってしまおうか
楽しいな、楽しいな、いっそ嗤ってしまおうか

S
何千何万痛みを覚えては微かな希望に縋りついてた
どうせ叶わぬ夢ならば僕はボクの敵になろうか


A
何も感じたくないんだな
些細なことも重大で
僕らの強さが千差万別なように
心の強さも千差万別とは誰が言った?

B
痛いんだ、痛いんだ、いっそ傷を付けてみようか
可笑しいな、可笑しいな、いっそ自嘲に呑まれようか

S
何千何万痛みを覚えては微かな希望に縋りついてた
どうせ忘れてしまうならばボクは僕の敵になろうか


A
何も信じたくないんだな
些細なことで厭世家
痛みの強さが千差万別ならば
心の痛みも千差万別だと決まっているよ

B
楽しいか、楽しいか、なんてそんなわけないだろ
苦しいか、苦しいか、むろんそうに決まってるよ

S'
何千何万痛みを堪えては微かな理性に縋りついてた
どうせ狂わぬ心ならば、

S
何千何万痛みを癒しては微かな禍根に縋りついてた
どうせ終わった事ならば僕とボクは敵を辞めようか

白影みえい(アキカゲ ミエイ)と申します。絵と文の両刀の端くれですが、こちらでは主に作詞をさせて頂いております。
趣味で様々な外国語も独学しているので、作詞に活かせたらと思っております。

現在扱える(ある程度自由に作文できる)外国語は、英語、(古典)ラテン語、古英語、ドイツ語です。
古代ギリシア語とかイタリア語とかもいつかやってみたい(※願望)。

若輩者ですが、どうぞよろしくお願い致します。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP