真夏の一瞬

投稿日:2020/08/20 22:31:11 | 文字数:598文字 | 閲覧数:579 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

揺れるたびに光るさざ波
心地良い潮風の匂い

広い水平線の彼方に 視線を移して
見つめる真夏の一瞬に

遠くに浮かんでいる
あの無人島に向かう冒険
無邪気な子供たち

ためらうことの無い好奇心 澄んだ眼差しに
見るもの全てが鮮やかに色付く

たとえ無価値で意味の無い事だとしても
何よりも輝く 宝石のように

眩しい太陽光線
焼けた地面の匂い

長い飛行機雲の軌跡を 視界に捉えて
見上げる真夏の一瞬に

遠くで輝く
あの恒星に向かう想像
宇宙船の飛行士

果てしなく遠い夢に向かって飛び立てば
溢れる期待に心が震える

たとえ無謀で叶わない事だとしても
探していた答えに きっと近づける

いつだって自分らしく生きて行くために
笑っていたんだ 後ろは振り向かない

信じ続けた自分自身に流れる鼓動が
迷いを消し去って いざなう次のイメージへ

どこまでも僕らは喜びと悲しみの中で
向かうべき方角を見失って立ち止まるけれど

変わらない想いは見えない明日の道標
いつだって明かりを灯し続けているよ

たとえ越えることの出来ない壁があっても
乗り越える事だけが全てじゃないから

遠回りしたって時間がかかったって
先へ進む方法は必ず見つかる

いつだって自分らしく生きて行くために
笑っていたんだ 前だけを見つめたまま

信じ続けた自分自身に流れる鼓動が
限界値を消し去って いざなう次のイメージへ

アマザキと申します。
よろしくお願いいたします。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 真夏の一瞬

    by アマザキシノブさん

オススメ作品10/29

もっと見る

▲TOP