罪悪の導き

投稿日:2019/04/15 22:52:41 | 文字数:399文字 | 閲覧数:59 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

もうそろそろ暑くなってくる時期でしょうか。もうしばらくは春の風を楽しみます。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

a1
悪しき日の記憶は
あの夏に置き去る
漂う船
彷徨う振り

ケミストリーの混迷

a2
未知数の懺悔
未だ飽きもせず
汚れた手を
磨く為に

輪廻を夢見るあなた

b
遠く遠く離れた
酷く酷く削れた
過去は深く根差して
道を暗く沈める

s
あの日見た夕焼けは
身を焦がす痣となり
摘まれた花のように
二度と陽を見ない

b
遠く遠く聞こえた
酷く酷く掠れた
過去は深く根差して
断崖を高く見せ

s
その日々を恐れては
幻影と触れ合って
開闢に憧れた
空白の残夢

c
航行に知らず吹ける風
逆光に目を潰されては
苦渋の道筋を辿る
強奪した人の夢は
何処に返せば報われるのか

ls
晴天も曇天も
我関せずと流れ
鳥のさえずりをまだ
喧しいと言う
あの日見た夕焼けは
身を焦がす痣となり
摘まれた花のように

二度と陽を見ない

二度と陽を見ない

踵を返して

あなたは夢想を

大空に託す

作詞をします。稚拙な詩を書きますがどうかよろしくお願いします。歌詞の解説などは小っ恥ずかしいので基本しません。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP