殻の外より

投稿日:2011/03/11 11:54:29 | 文字数:575文字 | 閲覧数:98 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

お蔵入り。

歌詞12作目です。

なんだか全然ひねらない歌詞になり、
書いといて自分でどきどきしてます。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

(1)
涙色
動かない 雨の空気に
おどけてる 君の言葉
ピンで留めた

在るだけの
蔑ろの
本音の殻
中身は そう
最初から無かったんだと

嘘ばかり 君の言葉
嘘測り 君を探す

今 君を彩った 喜びが
君の心に触れて 砕けた
閉じた世界開いて見たものが
孤独 悲しみだけならば

泣き喚く 君の声
これは幻実
ひとしずく 瓶に入れて
鍵をかけた

本当の 君の姿を
子供みたいに
見せて 僕に

そっと 君を象った 虚しさが
僕の腕の中で 息をする
解かり合うことだけが 救いなら
せめて 笑ってみせないで

(2)
なみだいろ
うごかない あめのくうきに
おどけてる きみのことば
ぴんでとめた

あるだけの
ないがしろの
ほんねのから
なかみは そう
さいしょからなかったんだと

うそばかり きみのことば
うそはかり きみをさがす

いま きみをいろどった よろこびが
きみのこころにふれて くだけた
とじたせかいひらいてみたものが
こどく かなしみだけならば

なきわめく きみのこえ
これはげんじつ
ひとしずく びんにいれて
かぎをかけた

ほんとうの きみのすがたを
こどもみたいに
みせて ぼくに

そっと きみをかたどった むなしさが
ぼくのうでのなかで いきをする
わかりあうことだけが すくいなら
せめて わらってみせないで

しばらく休止します。そのうち復活します。

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/27

もっと見る

▲TOP