この夏を溶かして

投稿日:2019/08/12 13:45:53 | 文字数:386文字 | 閲覧数:43 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

A
君と来た祭りの寂しさ
忘れずに楽しみたくて
ご機嫌な君と笑い合う

突然のにわか雨
ふわりと飛んでみる
意味の無い風船さ

B
うつむく横顔の消える笑み
浅はかで遠くを見つめる
未来の先にかくれんぼ

流れゆく複雑な意味の未来
狂おしく咲いて美しく乱れる

S
並んで歩く帰り道
光で視えない闇を写して
凍えてしまう心も溶かして
夏の魔物に負けないように
今を生きてやるんだ



2A
君と見た花火のドキドキ
覚えている悲哀感
お似合いの言葉(セリフ)投げ掛けた

偶然の晴れた空
ぷかぷか泳ぐ僕
溺れ気味の息切れ

2B
輝く微笑みも包み込む
儚い夢を追いかける
いつかの跡と鬼ごっこ

移り行く簡単な理由の過去
愛おしく裂いて鮮やかに舞う


2S
並んで歩く帰り道
光で視えない闇を写して
凍えてしまう心も溶かして
夏の魔物に負けないように
今を生きてやるんだ

趣味で作詞してる学生です
気に入って頂けたら
ありがたいです!

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

▲TOP