揺らゆら

投稿日:2020/07/15 21:24:27 | 文字数:336文字 | 閲覧数:14 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

揺らゝゆく波は
大洋に向け舟を進む
くらゝ直に陽を
浴びて焼けた腕(かいな)はある

素晴らしい日だわ
もう憂き世に用はないけど
代わりはないでしょう?
などとせめて嗤っている

涙を手に足を拭いて
帆を建てたら
風任せで漕ぎ行く
明日は見えないまま

揺らゝ火照るまに
声は草臥れ夕凪と化す
ふらゝ付く脚を
海の底へ向けています

素晴らしい日だわ
この憂き世は大差ないけど
痛みはないでしょう?
時に癒える傷などない

涙を手に足を拭いて
帆を建てたら
風任せで漕ぎ行く
明日は見えないまま

素晴らしい日だわ
この浮かれた世を去るには
代わりはないでしょう?
なら殊更理由になる

素晴らしい日だわ
この浮かれた夜は更け行く
痛みはないでしょう?
息するほど傷は痛む

お歌いになりたい曲が御座いましたら、
off vocal版を投稿致しますので
Twitter[@wacoharth]まで、
ご遠慮なくお申し付け下さいませ。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 揺らゆら (off vocal)

    by 風町ほっけさん

オススメ作品10/25

もっと見る

▲TOP