桜吹雪 プロローグ

投稿日:2012/01/16 19:44:26 | 文字数:424文字 | 閲覧数:59 | カテゴリ:小説

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

何百ものピンク色の桜の花弁が、風に乗ってみずきの足下を舞った。

ふと、花びらが一枚、その小さな嵐からはずれ、みずきの頭の上まで舞い上がった。みずきは片手を伸ばし、親指と人差し指でそれをつかみ、じっと見つめた。

桜の木の下に一人佇むみずきの横を、何組もの幸せそうな人々が通り過ぎていった。皆が皆、幸せそうな笑顔を浮かべて、笑い声を上げながら。彼らにだって悩みはあるだろう。笑顔の裏に隠れた、辛い日々もあるかもしれない。

―――でも、それは笑顔で隠せるほどのものなんだ…
みずきは思った。ここ三年間、彼女の顔に笑顔が浮かぶのを見た者はいない。それどころか、彼女は話す事さえも必要最小限にしかしなくなった。

『疫病神!!!』
みずきの脳裏にあのときの叫び声が浮かぶ。それは彼女の頭にこびりついて、いつだって彼女にあのことを思い出させる。いつだって、忘れさせまいとして。

みずきは、さっき捕まえた仲間はずれの桜の花びらを、手のひらで握りつぶした。

初めましてー
初心者です。
小説をちょこちょこと書いています。
鏡音廃のJC、13歳の中学二年生です。
鏡音ラブストーリーよく書きます。え?純粋なラブストーリーだよ?


テキストしか投稿してないのでライセンスとかどーでもいいw


日本人ですが、親の都合で香港に住んでいます。
香港にも少しボカロ好きがいたので感動っ!
その前のノルウェーでは誰も知ってませんでしたwww

誕生日が1ヶ月遅かったらよかった!
11月27日……w
のくせに母の誕生日は8月31日…


出来るだけフォロー仕返しするようにしていますー。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/23

もっと見る

▲TOP