そして花になる

投稿日:2019/09/11 14:26:42 | 文字数:724文字 | 閲覧数:1,928 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

花譜1st Album「観測」収録曲
「そして花になる」
作詞・作曲・編曲:カンザキイオリ

「そして花になる」offvo
https://piapro.jp/t/AXq2

「そして花になる」オリジナルMV
https://youtu.be/y6TGSY9Zll0

1st Album「観測」購入サイト
https://booth.pm/topics/kamitsubaki_record

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

「そして花になる」
うた:花譜
作詞・作曲・編曲:カンザキイオリ

排気口から香るラーメンの匂い
学校帰りによる駄菓子屋
大層な風景はない
私は普通の人

季節は巡る
雨が雪になって干上がって
知らない人と繋がりあう時代に私はいる
春風巡る
私の歌が誰かの風になる
誰かの風景を塗り替える
それが嬉しかった

人生だとか青春だとか
不条理に思うことなんてなかった

私が歌を歌うのは
歌が好きだったってわけさ
好きなものを
好きなことを
好きでいることに理由はいらない
だから私は歌うのだ
名前のない花が咲いた
あなたが知らなくたってどうでもよかった
でもあなたがいるから私は私になれる


雛鳥は泣く
儚い日々が誰かの涙になる
断ち切れない糸が絡み合ってそれを恋と語った

「忘れてしまえ」
私は私の日々を優先して
溶けきれない雪のようなあなたの声でまた咲いた

人生が続いてく
青春が変わってく
その全ての裏側であなたの言葉を聞いた

私が歌を歌うのは
それが楽しかったから
辛いことも
嫌なことも
何も考えていないだけさ
だから私は歌うのだ
そして不可解な花になる
季節を巡るにはあなたが必要だった
私が知らない私がきっと
まだどこかで眠ってる

あっという間に世界が変わる
人生が秒速で塗り替わる
青春は風になる
そこで生きるあなたと感情が混ざり合えばいいな

何もしれないあなたと生きてみたいな
あなたとならもう怖くはないな

私が歌を歌うのは
歌が好きだったからさ 
好きなことを
好きなように
好きでいることに理由はいらない
だから私は歌うのだ
私は私になるのだ
名前のない花のように
不可解な私たちはきっと同じ
もう何も怖くはないさ

かふといいます。
にほんのどこかにいる16さい。
うたをうたいます。

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

  • 「そして花になる」offvo

    by 花譜さん

もっと見る

▲TOP