歌詞 - チルスレイヴ

投稿日:2016/08/21 19:04:39 | 文字数:416文字 | 閲覧数:3,140 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

浅く繋がれた鎖を失くして
探して 探して 剥がして 壊していく

白銀のない季節が訪れて
儚く咲き耀う奇跡を信じていたい

ガラスのように無彩色な
冷たい嘘を吐いたんだ
憂う感傷のサイレンが鳴く

錆びた狂気を身に纏って
揺れるザクロの花が散る
鋭利な君が刺した
僕らはもう元に戻れないよと
白昼夢が覚める前に
これまでの全て終らせよう
哀を忘れて

誰も見てくれないさ
独りなんだ僕だけが
褪せている喉元で吠える

咽ぶ憑依を身に纏って
踊る自身に微睡み
嫌悪を忌み嫌ったくせに
人の痛みも知らない
その正義を振り翳して
白い腐海を漂う
孤高の青に溺れていく

枯れた傾慕にさえ縋って
白痴の世界を彷徨う
表裏もなく笑った
君が愛おしく忌まわしくて
酩酊するこの想いを
何処に吐けばいいのだろう
愛を教えて

被害者ぶった加害者が
反芻しても分からない
盲目の海に迷い込むんだ
哀願する日々なんて
もう僕は感染されて
悲哀に染まる

(プロフィールはありません)

この作品URLを含むツイート1

もっと見る

▲TOP