KAosの楽園 序奏-002

投稿日:2010/08/30 21:06:04 | 文字数:2,848文字 | 閲覧数:273 | カテゴリ:小説

ライセンス:

・ヤンデレ思考なKAITO×オリジナルマスター(♀)
・アンドロイド設定(『ロボット、機械』的な扱い・描写あり)
・ストーリー連載、ややシリアス寄り?

↓後書きっぽいもの





 * * * * *
2話目です。前回も思ってたんですが、傍点打ちたい…! あとルビ振りたい。
強調したい部分とか、表現に制限があると難しい; とりあえず各種カッコと文字空け、行空けで対応してますが…加減しないとウザいなこれ。

そういえば今回の連載では、台詞の前後に空行を入れてみてます。あと、割と地の文もこまめに。少しは見やすくなってますかね? スクロール長くなって却って邪魔かな;

話のイメージ的に『KAITOful~』の時より漢字を多めに使ってるのですが、これもどうなんだろう。変換してみて「いやこれは読みにくいだろう」っていうのは開いてるんですが、自分が結構 難読漢字とか好きなもので、一般的な基準がよくわかりません。
もしも、あんまり読み辛いようならコメントください。差し替えも考慮しますので;

 * * * * *
2010/08/05 UP
2010/08/30 編集(冒頭から注意文を削除)

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

歌唱システム搭載アンドロイド、≪VOCALOID≫。
ネットを賑わす『オリジナル』と同じく、それらには数種のバリエーションがある。
その内の一種、≪KAITO≫のプロトタイプとして開発された、『KA-P-01』。

しかしプロジェクトは頓挫し、商品化には至らなかった。
何の異常もないはずなのに、ほんの数日で強制終了に陥ってしまうからだ。
メーカー関係者、そして様々な分野の教授達――多くの研究者によって原因が探られたが、ついに明らかになる事はなかった。

プロジェクトの廃止――それは『KA-P-01』の廃棄処分を意味していた。
それをどうしても看過出来ず、僕は恩師の助力を受けて、彼を引き取らせてもらった。



 * * * * *

【 KAosの楽園 序奏-002 】

 * * * * *



「おはよう、KAITO。気分はどうかな?」

数週間振りに帰ってきた自宅の研究室で、『KA-P-01』――KAITO、を起動した。
ゆっくりと開かれた瞼の向こう、綺麗なブルーの瞳が焦点を合わせて僕を映す。

「……『博士』」
「いやいや、僕は『博士』なんて呼ばれる身じゃないよ」

彼の呟きに苦笑混じりに手を振って、あぁ、と思い当たる。
僕は教授の助手として同行していたようなもので、あの場でしていた事と言えば数値チェックばかりだった。多分KAITOは、僕の顔も覚えてはいないだろう。

「まだ名乗った事は無かったね。僕は隼瀬邦人(ハヤセ・クニヒト)。今日から君のマスターだ」
「マス、ター」

短く繰り返すその声が奇妙に平坦な事に、僕は気付かなかった。アンドロイドを招くのは初めてで、マニュアルを繰るのに忙しかったのだ。
顔を上げ、再び彼に目を向けた時には、彼の方が僕を見てはいなかった。

「あーそうか、マスターコード再登録になるん――KAITO?」
「ますた、ぁ、トウ……ロク……ない……しない」
「え?」
「しない、いない……マスターなんていない……!」
「な――」

何だって?

『 マ ス タ ー な ん て い な い 』?

あまりの台詞に、言葉を失くして立ち竦む。
アンドロイドにマスター登録は絶対的な義務だ。それはマスターとなる人間側だけではなく、彼等にとっても。ましてKAITOは≪VOCALOID≫、一般的なアンドロイド以上にマスターの重要性は高いはず――。

僕が混乱する間にも、KAITOはうわごとのように言葉を漏らし続ける。

「……がう、マスターじゃない」
「『博士』、ただの『博士』、」
「たくさんいる『博士』の中の誰か」
「あ、ぁぁあぁ」

頭を抱え、青い髪を掻き乱して、KAITOが膝をついた。
いけない、また――?

「分かった、登録しない! 僕は単なる『博士』だ、何処にでもいる『博士』の一人だ!」

咄嗟に叫んだ。それが耳に入ってから、言葉の意味に眉を顰める。

『 何 処 に で も い る 『博 士』 の 一 人 』。

だがそれは、この場合正しい選択だったようだ。KAITOのパニックが幾分治まったのが見て取れた。

「何処にでも、いる」
「そうだ、落ち着いて。好きに呼べばいいし呼ばなくてもいい。落ち着いて……動けるかい? 再起動した方がいいかな」
「……Yes, Prof.」

答えて、KAITOは目を閉じた。

《VOCALOID-KAITO/KA-P-01 を 終了 します》

抑揚のない、いかにも機械的なメッセージを残して、システムがシャットダウンする。
開発室で聞き慣れたメッセージ、見慣れた光景だ。それに、KAITOの返した言葉も。だけど――

「“prof.”?」

『Prof.』……『Professor』。『教授』を意味する言葉だ。『博士』と呼んだのと矛盾している。

「どうなってるんだ……?」

微かな音を立てて再起動を始めたKAITOを見つめて、僕は無意識に呟きを漏らす。
背に張り付いた薄ら寒いような感覚は、恐れにも似ていた。



 * * * * *



再起動を果たして顔を上げると、僕は改めて目の前の人を見た。
男の人が、一人。いつも僕にあれこれ指示をする『博士』達よりも随分と若い。――あぁ、

怖 い。

一人だなんて。いつもの人達と『違う』なんて。

こ れ じ ゃ あ こ の 人 を 識 別 で き て し ま う。


「『博士』、此処は何処ですか? 僕は別の研究室に来たんですか?」

恐怖心から目を逸らす為に、質問が口をついて出た。
あぁ、これも、怖いんだけど。できる限り、関わりを持ちたくはないんだけれど。

「あー、いや。その……申し訳ない。僕等の力が及ばず、時間切れになってしまってね。君――『KA-P-01』を基にした商品化は断念する事になったんだ」

申し訳ない、と。本当にそう思っているのが伝わる、痛みに耐えるような目で、『博士』が言う。
……善いひと、だ。

「そう、ですか。じゃあ、僕は廃棄に」
「しないよ。……いや、そうなるところだったけど、引き取らせてもらった。君は此処で自由にしていい。良かったら色々と手伝ってくれると嬉しいけどね」

言いかけた僕を『博士』が遮る。
廃棄されるはずだったのに、引き取ったっていう。此処で自由にしていいんだっていう。
本当に、善いひとだ。――やっぱり関わったら駄目だった。

善いひとは、優しいひとは、怖い。

「此処、に。貴方以外の、人は?」
「え? あぁ、僕だけだよ。だから気兼ねは――」

『博士』の言葉が、途中で消えていった。
きっと僕は酷い顔をしていたんだろう。胸に湧き出た『絶望』、そのままの顔を。



ごめんなさい。
だけど怖いんです。困るんです。

『貴方』という『個人』を認識したくないんです。

善いひと。優しいひと。『貴方』を認識してしまったら、貴方は『マスター』になってしまう。
駄目なんです。僕は誰も、『マスター』なんて思っちゃいけない。『マスター』にしてしまったら、そうしたら、僕は。
いつか貴方を害してしまう。

嫌なのに。こんなに怖いのに。それでも僕はそうするでしょう。
だって『そう』造られているんです。

《ヤンデレ》って、そういう事でしょう?

『僕』をかたち作る、長く長く続いた項目の最後のひとつ。抗えないプログラム。

マスターを僕のものにする為に、僕だけのものにする為に、僕以外の何かを見る事も聞く事も感じる事もできないように、
誰にも邪魔されない永遠をふたり手に入れる為に――



「っ嫌だ厭だ止めろ、考えるな!」

僕ひとりにしてもらえた研究室で、小さく叫んで頭を振った。この身に(心に?)組み込まれた、僕が『僕<KAITO>』である限り逃れられない恐怖を、それでも少しでも振り払いたくて。



<intro-002:Closed / Next:intro-003>

【お知らせ】テキスト投稿が非常に使い辛いため、こちらでは歌詞や音源のUPとコラボ関係のみに縮小、以後の小説投稿はすぴばる&ピクシブへ移行します。

■小説メイン時々歌詞な字書き……だった筈が、動画編集やボカロ調声、作曲にまで手を出してます。どうしてこうなった。

□ブクマやコメント、有難うございます! 転げ回るほど嬉しいですヽ(*´∀`)ノ
□オールキャラ書くけど9割KAITO。
□使えるものがあればお気軽にどうぞ。使用報告だけお願いします^^ 歌詞については、良識の範囲内であればアレンジや部分使用など改変していただいて構いません。多忙な時期でなければ、ある程度の調整も承ります。

■シェアワールドコラボ主催してます。参加者様募集☆ http://piapro.jp/collabo/?id=15073
■ブログなど
・『藍色書棚 -アオイロショダナ-』http://ioliteshelf.blog.so-net.ne.jp/ (投下テキストのシリーズ別リンク)
・【pixiv】http://www.pixiv.net/member.php?id=2555381
・【ニコニコ動画】http://www.nicovideo.jp/mylist/29644728
・【VCLFAN.NET】https://vclfan.net/?m=pc&a=page_f_home&target_c_member_id=46
・【ツイッター】http://twitter.com/y_airu

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

もっと見る

▲TOP