永遠が降り注ぐ夜に

投稿日:2016/10/10 19:48:38 | 文字数:530文字 | 閲覧数:521 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

おはようございます(´・ω・`)今日は寒すぎて死にそうです...
2月に作った作品を少しだけ変えてアップです( 。•̀_•́。)
永遠が降り注ぐ夜に。 読んでくれたら嬉しいです
質問、要望はメッセージをくれたら...!

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

振り返れば誰もいない 最初から独りだった

遠くから映画の音がする 積み木の音がする 幸せの音がする

ああ悲しみは有限だから そんなに悲しまないで

ああ光も光だから 僕のことなんて知りもしないんだね

初めて誰かを…なんて思ってみても

今の僕の弱さ 悲しみは走り出す…

名前のない負の感情 少しだけ…離れてね?

行き場のない怨念も 星空の向こう側では無力だった… らしい?

初めて誰かと…なんて信じてみても

今の僕のすべてを 刻んだのは誰だっけ?

燦然と輝く篝火 忽然と降り注ぐ雨雫 煌々たる悲しき星空



燦然と輝く篝火 忽然と降り注ぐ雨雫 煌々たる悲しき星空の向こう側を

見てみたい 見ていたい 生きてみたい 幸せになりたい

僕は生きてみたい 僕は信じてみたい 僕は愛してみたい 信じられたい 愛されたい…僕は何になりたい?

裏切られ佇む女の子 涙を流す家のない人 誰かに理解されることなく自殺した人

思っても 思っても 願いを乗せて 星はそれでも流れる


何になりたい?


振り返れば誰もいない 最初から独りだった

遠くから映画の音がする 積み木の音がする 幸せの音がする


何よりも君に幸せを。 永遠が降り注ぐ夜に。

霧音です。詞を書いています。
曲付け、イラストを描いてくださる方は1度メッセージを送ってくれると幸いです。
よろしくお願いします!

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

もっと見る

▲TOP