終末の曇天歌詞

投稿日:2012/06/22 00:11:11 | 文字数:519文字 | 閲覧数:456 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

終末の曇天の歌詞です。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 


終末の曇天


猜疑 分かんないよ君の嘘さえ
連鎖 こなすんだ決められた動作
甘美 誘ってんだわき目振りつつ
深化 潜っていく意識の底に

絡まる心をもう一度絡めて
卑下しかできない天邪鬼

暗闇が溶け出した曇天に叫び声は虚しく消えてくよラッタッタ 消えていくよ
積み重ねてきた残骸は音を立てて崩れて燃えてくよラッタッタ 燃えていくよ
さよならだね

放棄 いらないよ下手な感情なんて
曖昧 理由だってろくにないのに
狂気 もういっそぐちゃぐちゃにして
笑止 笑っちゃうね全部投げ捨て

虚ろで冷めた目 僕に突き刺さる
悲しみぶらさげ踊ろうか

「君の歌を聴かせてよ」
たった一度さえも叶わず死んでくよラッタッタ 死んでいくよ
いつか抱いてた憧憬は根元から消し飛んで灰になるラッタッタ
形の無い塵に変わる

モノクロに染め上げた青天は二度とは戻らなくて
潰えてくよラッタッタ 潰えてくよ
さよならし忘れたんだった君にだけしてなくて
もう立てないなラッタッタ
お別れだね

暗闇が溶け出した曇天に叫び声は虚しく消えてくよラッタッタ 消えていくよ
積み重ねてきた残骸が崩れるのが悔しくてあの空をにらみつける
曇り空に唾を吐く

(プロフィールはありません)

もっと見る

▲TOP