【巡音ルカ】不思議な朝【オリジナル】

投稿日:2020/01/23 20:03:05 | 文字数:279文字 | 閲覧数:26 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

作詞・作曲 mieux

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

朝と夜の狭間で微睡む
不思議な瞬間 曖昧なわたし

シーツの波 泳いだ夜には
濡れた髪が記憶を隠すの

柔らかな夢 その中で
初めて出逢う 懐かしい人

微睡みは優しい陽射しのようで
いつまでこのままこうしていたい
緩やかに色付く碧い光が
この部屋に運ぶの 不思議な朝を

聴こえるはずのない声が
風に流され包み込まれる

蜃気楼重ねて作る風景は
波にさらわれてく砂の城だね
滑らかな手触り 触れては消えて
振り向いたそこには不思議な朝を

微睡みは優しい陽射しのようで
いつまでこのままこうしていたい
緩やかに色付く碧い光が
この部屋に運ぶの 不思議な朝を

ボカロには最初興味がなかったのですが、
素敵な曲や動画やイラストなどがたくさんあって、
自分でもやりたくなってしまいました!

仲間に入れてください!

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 【巡音ルカ】不思議な朝【オリジナル】

    by mieuxさん

オススメ作品10/28

もっと見る

▲TOP