【初音ミク】 セツナサイクル 【オリジナルPV】

投稿日:2013/03/07 04:08:38 | 文字数:459文字 | 閲覧数:662 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

魔法にかけられたみたいだったな
隣を向けばあったその笑顔
並んで歩いた 制服の色
横目で見ながら日常のサイクル 回す

流れる月日の前に
僕らは立ち尽くしてた
出会いも別れもあるなんて
あのころは気にもしなかった

桜が散るたびに思い出すよ
借りた教科書の落書きと
言えなかった一言
なくした大切な宝物と
また会えるよう歩いていこう
魔法が解ける前に


追い出されるまで話し込んだ
駅前のファーストフード店
久しぶりに見たらなくなってた
知らずに途切れた思い出の続き 探す

別々に歩む道を
仕方ないと思うほど
胸を突いた想いは
日毎にまた募るんだ

秋が染まるたびに思い出すよ
ふざけあった教室と
笑って泣いた日のこと
なくした大切な宝物は
変わらないで光っている
涙を誘うくらいに


出会えたことが偶然じゃないなら
別れもそういうものなのかな

雪が積もるたびに思い出すよ
はしゃいだ君の声 言えなかった一言
今はもう届かないこの声も
伝えていたなら
変わっていたかな
なんてね、分かってる
歩いていかなくちゃ

音楽をつくっています。
ギターを弾きます。
いいなって思えることって素敵ですね。

もっと見る

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    使わせてもらいました

    この作品いい感じですので、ニコ動のニコカラに加工しない形で
    歌詞を付けさせていただきます。

    2013/03/10 19:41:47 From  ココスケ

もっと見る

▲TOP