わたしのたからもの。

投稿日:2009/06/20 19:12:24 | 文字数:442文字 | 閲覧数:108 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

ギャグを目指して書いたつもり…です。

趣味を理解されない子です。
誰にも理解されないって意外と辛いと思って一応パパを味方にw

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 


透明ガラスの小瓶に集めた私の宝物
一人で小道で探していると 皆が小瓶を覗いてく 

綺麗な綺麗な虫なのに 折角集めた虫なのに
如何して皆は逃げて行く?
毛がふさふさ動きがうねうね可愛いのに
如何して皆は逃げて行く?

私はおかしいのですか?
パパは私を褒めてくれたのに

私は皆と違うの?
皆は如何して逃げて行くの…。


自由研究で頑張って書いた日記は私の宝物
毎日毎日欠かさずに頑張って書きました

私の日記はカビ日記 毎日毎日頑張った
如何して皆は逃げて行く?
家中探して写真も撮って貼ったのに
如何して皆は逃げて行く?

私はおかしいのですか?
ママはそれから毎日家を掃除するようになりました。



ある日書いたラブレター
手紙だけじゃ物足りなくて
私の大切な宝物を一緒に入れました。
次の日に私は先生に呼び出されました
「いじめなんてしちゃ駄目でしょ。」と。


なんで皆分かってくれないの?
なんで皆離れていくの?

誰も理解してくれない。

如何して… 如何して…

極稀に思い浮んだ歌詞を書いてます(´`)
得意な系統は狂愛やファンタジー等、今度こそは純愛を書くつもりです。

情景描写を上達してリアルさをもっと出したい…。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP