Aqua

投稿日:2017/10/08 20:53:33 | 文字数:391文字 | 閲覧数:49 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

藍色のかけらになる前、今つぶやきたい
風、光の速度を超えて、君に会いたいんだ
音、色、何もかもが僕に、どこか似ていていたよ
それだけで、僕は他に何もいらないんだけど

涙、声、虚空に消して
忘れられたままでいいよ
足した青、気づかれず
君の幸せだけ

願っている
君の声を感じることができるのなら
無邪気な君だけいるのなら、もうそれだけでいい

穏やかに、思いつくまま
君の空は遠く青く
移ろった季節から

ただ...


生きてる意味、他人の愛も
感じることができないけど
無邪気な君だけいるのなら
もうこの空から消えてもいいから

生きてる意味、他人の愛も
感じることができないけど
無邪気な君だけいるのなら
もう、終わりに高く咲き

自由な空は、この世で一番尊く
悲しすぎる空を、癒していくよ
ただれた傷も溶けて消えるくらいに

君に会えてよかった

La...La...La

(プロフィールはありません)

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/28

もっと見る

▲TOP