和風の曲の歌詞(仮)サクランブ

投稿者: usericon兎ルルさん

投稿日:2019/09/29 21:47:24 | 文字数:858文字 | 閲覧数:31 | カテゴリ:歌詞 | 全5バージョン

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

よもすがら
立ち匂う風とともに
何処へと行く

始まりは突然 空
に羽を伸ばす鳥 すら
運命(さだめ)に囚われて いた
誰かが声を上げた

繰りかえ されては
季節は 過ぎ去る
後には 引けない戦いのため

待ち焦がれる貴女は未だ
誰を想っているでしょう
沢山の思い出を抱いては
眠るのでしょう

鏡の中濡れた 頬
大輪の花散ら せた
悲しませたくない なら
咲くため鞘(さや)を握れ

静かに 傾く
下弦の 月より
輝く 満面の笑みを求め

限りある命を燃やして
照らして魅せるこの手には
沢山の願い込めた一撃
咲き誇れ 今

生ある 全ての 誰もが 願った 証明
交差した世界を

頬に染みゆく涙の行方を
見つけてみせる いつの日も

誰も一人じゃ生きてはいけない
支え合うこと 愛すこと

どこにも代わりなんていないんだ
貴女をきつく 抱きしめて

凍えそうな夜も越えてみせる
咲き誇れ今

ひらがなver

よもすがらたちにおうかぜとともにどこへといく

はじまりはとつぜんそら
にはねをのばすとりすら
さだめにとらわれていた
だれかがこえをあげた

くりかえされては
きせつはすぎさる
あとにはひけないたたかいのため

まちこがれるあなたはいまだ
だれをおもっているでしょう
たくさんのおもいでをいだいては
ねむるのでしょう

かがみのなかぬれたほほ
たいりんのはなちらせた
かなしませたくないなら
さくためさやをにぎれ

しずかにかたむく
かげんのつきより
かがやくまんめんのえみをもとめ

かぎりあるいのちをもやして
てらしてみせるこのてには
たくさんのねがいこめたいちげき
さきほこれいま

せいある すべての だれもが ねがった
しょうめい
こうさしたせかいを

ほほにしみゆくなみだのゆくえを
みつけてみせる いつのひも

だれもひとりじゃいきてはいけない
ささえあうこと あいすこと

どこにもかわりなんていないんだ
あなたをきつくだきしめて

こごえそうなよるもこえてみせる
さきほこれいま

みんなで協力して作品を作りましょう!というコラボです。

皆で相談しながら作品作ってます。

現在、募集中の役職は以下の通りです。

作曲、編曲、歌い手、調声師、ギターなどの楽器を弾いて入れてくれる方、又は、作るのが得意でいい感じに特異なパートを作ってくれる方、mix,マスタリングが得意な方、など、、、

何か質問などある方はツイッターに連絡いただけると早いと思います。
 
https://twitter.com/asteris11727593 

 

※現在作成中の作品での募集の役職は以下の通りです。

物語系2

編曲など、、イラスト、動画



和風な曲、

、動画、イラスト、




海月雲

イラスト、動画、




担当してみたい役職がありましたらそれぞれの掲示板に書き込んで下さい。よろしくお願いします。

 

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 和風アニメ調に作ったつもりです。(試作品)

    by ASTERISK

▲TOP