【作曲募集】lapis lazuli

投稿日:2013/07/05 21:55:17 | 文字数:539文字 | 閲覧数:24 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

寂しげ、辛い歌のイメージです。
バラードのような・・

とても大事なものを失って、でも強く生きようとしている。
言葉を発することのできない君は、何も言わない。誰も責めない。


自分の飼っていた魚が死んでしまい、
あまりにも自分が不甲斐無くて書きました

瑠璃色に輝いていたその子がとても大好きで
何か形に残したいと思いました

良い作曲に巡り合えたらと思っております。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

昨日までの雨は上がって
見たこともない晴れマーク
君は昨日まで泣いていて
今日は僕が泣いている

もっと早く追い付いていたら
そのスピードを遅くできたのか
誰も分からないからこそ
僕がわかってあげるべきだった

君のために今日があるとしたら
今日は君の晴れ舞台だったんだね
もうあの家には別の誰かが
居場所を作って生きているよ
帰ってくることは無いけれど
いつだってここで待っているから
生まれ変わっても 君を忘れないよ


味方のいない世界で君は
一人きりで過ごしてたんだね
何かしたいと思っていた
僕は何もできないくせに

いつも綺麗なその横顔を
瑠璃色のガラスに閉じ込めて
誰のものにもさせたくない
僕のせいで君が生きていた

家の中を探しても孤独で
いつものメロディが喉を通らない
昨日までの部屋に声をかけても
返事をするのは別の瑠璃色
帰ってきてほしい そんなこと
僕に言える資格は無いのだから
君がいなくても 君はそこにいるよ


誰も悪くない、君はそう言うのかな


僕に空を動かす力はない
きっと君が映し出してくれたんだね
青い瑠璃色の空が見えたんだ
僕には雨が降り続けていて
それも君が映したせいだ
誰だって通る道だから大丈夫
そう言い聞かせて 君を眠らせる

主に作詞をしています!
歌い手としてもやっていきたい!!

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/29

もっと見る

▲TOP