砂の語り部

投稿日:2018/01/14 22:21:59 | 文字数:785文字 | 閲覧数:88 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

語りましょう、喜劇を。
眺めましょう、悲劇を。

愛しましょう、全てを。
憎みましょう、貴方を。


綾鳥海月さまの素敵な曲に歌詞として使ってもらうことになりました。
http://piapro.jp/t/al3P

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

砂の語り部

それは奈落への道標と
歌い舞うのは至上の語り部

七つの海を渡る王を
千の夜を紡ぐ娘を 見よ

移ろいゆく流砂は語る 絢爛豪華 至高の物語(モタワーレス)
クテシフォンの夜は長い さあ 続きはまた明日 陽が沈んだら

それは楽園への船旅と
歌い舞うのは砂上の語り部

輝ける黄金色の部屋を
天翔ける魔人の姿を 見よ

湛えゆく泉は語る 迦陵頻伽 数奇な物語
エラン・シャフルの夜は長い さあ 続きはまた明日 月が昇ったら

ライラ・カスル(夜の宮殿)
ラファ・モサーフェル(憐れな旅人の)
ラウフ・ミネオン(魂を抱いて)
イブナ・ヤブタセム(乙女は微笑む)

揺れるランプの煙は語る 千夜一夜 最後の物語
アブラカタブラ時は来た 続きはもうない これでおしまい



ひらがな


すなのかたりべ

それはならくへのみちしるべと
うたいまうのはしじょうのかたりべ

ななつのうみをわたるおうを
せんのよるをつむぐむすめを みよ

うつろいゆくりゅうさはかたる けんらんごうか しこうのモタワーレス
クテシフォンのよるはながい さあ つづきはまたあす ひがしずんだら

それはらくえんへのふなたびと
うたいまうのはさじょうのかたりべ

かがやけるこがねいろのへやを
あまかけるまじんのすがたを みよ

たたえゆくいずみはかたる かりょうびんが すうきなモタワーレス
エラン・シャフルのよるはながい さあ つづきはまたあす つきがのぼったら

ライラ・カスル
ラファ・モサーフェル
ラウフ・ミネオン
イブナ・ヤブタセム

ゆれるランプのけむりはかたる せんやいちや さいごのモタワーレス
アブラカタブラときはきた つづきはもうない これでおしまい


※クテシフォン・・・サーサーン朝(千夜一夜物語の舞台)の首都
※エラン・シャフル・・・サーサーン朝の支配領域

改名したもののあまりしっくりこなかったので戻しました(笑)
やっぱりちざきが一番馴染む

イラストや詩、小説などの創作が主です。
よろしくお願いします。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 【制作中】砂の語り部

    by 綾鳥海月さん

オススメ作品10/24

もっと見る

▲TOP